回答(高校生・勤労青少年)

習慣・しつけ・育児

.

Q1. 思春期の息子への接し方

息子は,勉強に身が入らず,成績も下がり気味ですが,部活動には熱心に取り組んでいます。勉強の話をするとイライラするのですが,サッカーの話になると自分からいつまでも話をします。母親として,どのように接したらよいのでしょうか。

高校生の母親

Answer

思春期と言われる中・高校生の時期は,その子自身の感じ方や考え方,つまり,内面が,表に出てきます。しかし,その内面は未熟で,態度では,反抗したり,生意気になったりします。それは,子どもが順調に育っている証拠なのですが,まだまだ不安定で,揺れ動く時期でもあります。
ですから,親は子どもが自分で判断し行動することを助けるように接することが必要となります。まず,息子さんがどんな夢やあこがれを持っているのか,じっくり話を聴いてあげましょう。そして,その夢に近づくために,今後どうしたらいいかを一緒に考えましょう。そうすることで,息子さんも,自分の興味や関心にそって,運動に勉強にと自らの方向を探っていくはずです。
親としては,子どもの話に耳を傾け,信頼して温かく見守ることを心掛けてください。

教育・子育て電話相談員

学習・進路

.

Q1. 学習意欲のない息子

息子は中学時代に希望していた高校に入学しました。しかし入学してみると,期待外れで,自分に合わないと言い出しました。アルバイトを始めましたが成績が下がり,このままでは息子の将来が心配です。学習意欲を回復させるには,親としてどうしたらよいでしょうか。

高校生の母親

Answer

まず,息子さんがなぜ学習意欲を失い,アルバイトを始めたのかその思いをよく聞いてあげることです。進学した高校の生活が自分が思い描いている生活とどんな点が違っていたのか,問題点をはっきりさせることが大切です。
その上で息子さんの状況を把握し,認めてあげる点と改善点を具体的に見つけられるようにしましょう。また,担任の先生に学校での様子をくわしく聞いたり相談したりすることも必要です。
家庭でももう一度,中学時代の夢や希望を振り返り,原点に戻って意欲的に生活するにはどうしたら良いか,息子さんが自ら再確認する機会を作ってあげましょう。
一方的に「アルバイトをしている場合ではない。勉強しなさい」と指示しては逆効果になる可能性があります。日ごろの会話の中で何げなく話題にして,振り返る時間をつくってあげることも大切です。
息子さんの成長を信じ,親の思いを押しつけるのではなく,よく話し合ってあげてください。

教育・子育て電話相談員
.

Q2. 進路決定で家族ができること

高校生の我が子は,漠然とですが,卒業後は民間企業への就職を考えているようです。しかし,現在,就職に向けた準備をしている様子は見られません。家族としてどのように支えてあげればよいのでしょうか。

高校生の母親

Answer

現在の厳しい就職状況を見ると,お母さんの心配は当然だと思います。お子さんはまだ,明確に進路を決定していないようなので,周囲のアドバイスが必要でしょう。
まずはご両親から仕事の体験談などを交えながら,働くことの意味についてお子さんと話す機会を設けてください。お金を得るためだけではなく,何のために働くのかを,お子さん自身がきちんと考えるようにすることが重要です。そのためには,お子さん自身の興味や関心のある仕事,さらには長所や適性について,お子さんの意思を尊重しながらじっくり話をしてください。働くことの意味や就きたい仕事が見えてくれば就職のための準備への意欲も湧いてくるでしょう。
就きたい仕事に対する適正な見極めなどについては,学校の担任の先生や進路指導の先生ともよく相談してください。最終的に進路を決めるのは本人ですが,本人がより適切な進路の決定をするには周囲のサポートが必要不可欠です。
最終決定までは,紆余曲折があることと思います。家族として,良きアドバイザーとなり,お子さんを信じてしっかりと支えてあげてください。家族の温かいアドバイスは,目標に向かって進んで行くための大きな力になることでしょう。

教育・子育て電話相談員
.

Q3. 再び不登校になった高一息子

高一の息子は、中二の頃よりゲームに夢中で、昼夜逆転の生活から不登校になりました。何とか高校に入学しましたが、再び不登校に戻ってしまいました。今後、息子にどう接していくべきでしょうか。

高校一年生の母

Answer

勉強や友達関係など何らかの原因により、困難なことを自分の力で解決できなくなると現実から逃避したくなります。自分だけの世界に浸ることができるインターネットやゲームの世界に没頭し、他者との関係を断ち切ってしまうこともあります。それは日常生活の不安を打ち消したり、嫌なことから目をそらしたりすることができるからです。 
今息子さんにとって最も必要なことは、今の気持ちや状況を整理しながら、将来の見通しを持つことです。そのために、親は、心配していることを伝えるために、今後のことをきちんと話し合う場と十分な時間をつくり、息子さんと向き合う姿勢を示しましょう。まずは息子さんの気持ちや考えていることを聞いて理解を示し、そして今後のことについて具体的に話を進めるとよいでしょう。その時に、息子さんの気持ちや考えを否定しないことが肝要です。 
再不登校ということですので、担任の先生と連絡を取り合いながらも、スクールカウンセラーや専門機関での相談もお勧めします。

県教育研修センター子どもの教育相談員

交友・学校生活

.

Q1. 友だちのできない高校生の子

高校生の子どもが,最近「学校生活が面白くない」と言い出しました。大学への進学を考えていますが,希望する大学も特になく「入れる大学があればそこに進学する」と言います。性格は真面目ですが,友だちが少なく全てに無気力な様子が心配です。

高校生の母親

Answer

近年,やる気のない無気力な子どもが増えていると言われています。原因は,やることに興味や意欲が持てず,やらされているという気持ちが先立ち,すぐ投げ出してしまう心の表現と思われます。学習への意欲がない子どもの多くは,生活の面でも消極的で意欲を失っています。
また,学校生活で友人関係が安定していないと行動が消極的になり,勉強にも身が入らず登校も気が重くなります。お子さんが学校生活に無気力になっている原因を考えると,親しい友だちがいないこと,具体的な将来像を持っていないこと,また,大学進学を目前に気持ちがめいっている可能性も考えられます。
日常会話をはじめとする親子のコミュニケーションが重要ですので,お子さんが日ごろ考えていることを親子で一緒に考える時間をつくり,話をじっくり聞いてあげることで無気力になっている原因を探ってみましょう。子どもの言葉で語らせそれに耳を傾けるという積み重ねが,子どもにとって自分は「認められている」「受け入れられている」という安心感につながります。コミュニケーションの質と量を見直し,自信を持たせてあげるように心掛けてください。
友人は対人関係を学ぶだけでなく,心の成長のためにはなくてはならない存在です。友だちづくりが苦手な場合は,人との交流に自信がなく人を避けるようになりますので,親自身,地域や身近な人との交流を心掛け,子どもが多くの人と交流できる機会を作ることも大切です。

教育・子育て電話相談員
.

Q2. 異性との交際が心配

高校生の娘が,最近同学年の男子生徒と交際するようになりました。服装や髪形も以前より派手になってきました。また,先日は電話でデートの話をしているのを耳にはさみ,それ以来娘の行動が気になって仕方がありません。今後どのように対応したらよいでしょうか。

高校生の父親

Answer

高校へ通学していると素晴らしい友人との出会いがある反面,好ましくない誘いをする友人もあり心配も多くなります。また,持ち物や服装,髪形など生活面の変化も気になるものです。
そこで,服装や髪形,交友関係や異性との交際など生活面でお子さんに変化が見られた場合には,親子での話し合いの時間を作ると良いと思います。その中で,まずは娘さんの考えを十分に聞き,その上で親としての考えを伝えることが大切です。
異性に関心を持つことは子どもが成長していく上においては当然のことで,決して困ったことではありません。親としては互いを尊重し合い,高め合えるような交際の在り方についてしっかり伝えていきましょう。
一方で,二人が交際を続けていく上で,現在の高校生の男女関係の在り方についても考えなければなりません。「性」について家庭で話し合うことは,気恥ずかしさもあって容易なことではないと思いますが,性感染症や妊娠などについての正しい情報や親としての願いや守って欲しいことを伝えることが大切です。
交際相手を紹介してもらい,お互いの家庭がしっかりと見守りながら,オープンな交際ができるような環境作りも必要です。

教育・子育て電話相談員
.

Q3. 高校生の男女交際について

高校3年の娘が同じ学年男子と交際を始めました。2人とも部活動を引退し,大学受験を控えた大事な時期でもあり今後が心配です。
 

高校生の母親

Answer

高校生の年代は,異性への興味関心が非常に強くなる時期です。異性と交際したいと思うことは,ごく自然の流れで健全な成長の証です。また,節度ある異性との交際は,子どもの心を豊かなものにしますので「高校生だから早い」,「受験の方が大切」と頭から否定しても反発を招き,逆効果になる場合もあります。まずは「高校生」「受験生」という立場を自覚させ「お互いを高め合う関係」を念頭に置いたうえで交際を認め,温かく見守ることが良いと思います。「あなたを信じる」という眼差しや親子のコミュニケーションも大切です。そうすることでお子さんも自尊心を持って親の期待や信頼に応えようという気持ちになるのではないでしょうか。信頼関係を築くことで,男女交際についての親の考えや助言なども素直に受け入れやすくなると思います。
あまり不安視せず,温かく見守りましょう。

教育・子育て電話相談員

家族・地域

.

Q1. 話を聞かない高校生の息子

高校生の息子は勉強が好きではなく,学校も休みがちで,勉強についていくのも困難なようです。最近,アルバイトを始め,夜9時ごろ帰るようになりました。母子家庭で経済的にも良い状態ではない中,あれこれと心配なことがつきません。親の言うことは素直に聞いてくれない状況で,どのように息子に対応したらよいでしょう。

高校生の母親

Answer

高校生の時期は親の言うことをなかなか聞き入れず,干渉されたくないという気持ちが先に立つ傾向にあります。息子さんは,自分が何をしていいのか分からない不安な状況にあるのではないかと思われます。自分の目標や将来の進むべき方向を考え,自覚することが大切なのではないでしょうか。目標や進路が決まれば,学校生活や勉強に対する姿勢も変わってくるでしょう。
今,大事なことは,息子さんの将来について,お母さんが一緒になって真剣に話し合う時間を確保することです。話し合いの中で気になることや学校を休みがちな原因,学校での生活の様子など担任の先生に相談することもよいと思います。
また,家庭の経済状況も息子さんに話して理解を求めれば,現在のアルバイトも意義あることになるでしょう。前向きに頑張っている姿を認めてあげることで,日常生活において積極的な働き掛けができるようになってくると,本人の自信にもつながってきます。
これを機会に,息子さんに自分の存在感や役割を考え,自分の進むべき道を見つめ直すことができるよう,あたたかく見守ってあげてください。

教育・子育て電話相談員
.

Q2. 生活が乱れがちな娘

高校生の娘は中学までまじめな子でしたが,最近は交友関係が乱れ,それを注意すると怒ります。塾と称して外出し,男の子と遊んでいるようで,問いただしても会っていないとうそをつきます。学校には行っているものの,最近は学習意欲もなく,「高校を退学して働く」と言います。家での会話は多少あり,失恋の話をしてくれたので相談に乗ろうとしたのですが,「別に」とか「何でもない」としか言いません。どのように接したらよいでしょうか。

高校生の母親

Answer

大変ご心配なことと思いますが,思春期後期は自分探しをする難しい時期でもあります。娘さんはたくさんの不安と混乱の中でも登校していますので,自制心は保っていると理解していいのではないでしょうか。
まず,問題が何か,失恋のほかに悩んでいることがないかなど,じっくりと娘さんとの話に耳を傾けることから始めてみるとよいと思います。
非行じみた行動や不規則な生活をし,短絡的な考えを口に出す場合でも,子どもは親から何らかの援助を待っているものです。子どもの気持ちに寄り添い,辛抱強く何度も耳を傾けることを重ねるうちに,子どもはやがて自分が受け入れられているという安心感を抱き,少しずつ心を開いてくることでしょう。自分の存在と価値を認めてもらえれば,問題解決方法を少しずつ前向きに考えられるようになり,自分自身の進むべき道が見えてくると思います。

教育・子育て電話相談員

問題行動

.

Q1. 友人宅を泊まり歩き,反抗的な娘

娘はダンスサークルに入り浸り,知り合った友人宅を泊まり歩いています。家には週に一度着替えに戻る程度で,携帯電話が鳴るといそいそと出かけてしまいます。金髪に化粧をし,派手な服装で,注意をしても反抗的な態度に終始し,険悪な関係になってしまいます。夫は「お前が口うるさいからだ,ほっておけ」と言うばかりです。二人の弟のためにも,娘に普通の高校生活を送らせたいと悩んでいます。

高校生の母親

Answer

相談を聞いた限りでは,娘さんが現在の状態に至るまで,親の言いなりになっていた生活から抜け出したい一方で,周りの関心を引きたいという願望や,学校生活で生じた挫折や自信喪失によるストレスなど,さまざまな要因があるように見受けられます。
まずはご両親がよく話し合い,娘さんとご両親で真剣に向かい合っていかなければならないという姿勢が大切です。頭ごなしに注意するのではなく,親として娘さんを大切に思い案じている気持ちを伝え,娘さんの不安や悩みなどに耳を傾け,今の気持ちをしっかりと受けとめてあげてください。夫婦が協力して日常の会話を積み重ねることで,親子関係を修復していくことができるはずです。
娘さんが落ち着いた生活を取り戻すためには,兄弟も含めて家族みんなでかかわっていくことが大切です。娘さんが家庭の中で過ごしやすい雰囲気を持つために,どうしたらよいか家族全員で考えてみてはいかがでしょうか。家族としての在り方を見つめ直す機会にもなるでしょう。
また,学校の担任の先生にも相談し,娘さんの学校での様子を把握したり,指導方針を確かめ合うなど,連携した方策も必要だと思います。

教育・子育て電話相談員

その他

.

Q1. 携帯電話やスマートフォンを持たせることへの心配

中学進学を機に,子どもに携帯電話を持たせました。現在,高校生になってスマートフォンを持っていますが,夜遅くまでメール等をして一時も離しません。携帯電話やスマートフォンによる事件が報道され,とても心配です。どのような対策が考えられますか。

高校生の母親

Answer

携帯電話やスマートフォンはパソコンと同様な機能があり,大変便利な道具です。反面,使い方を誤るとさまざまなトラブルに巻き込まれる危険性があります。
不特定多数の人と通信ができるインターネット掲示板やコミュニケーションサイト(SNS)で被害に遭ったり,有害サイトに誘導され高額料金を請求されたりする場合があります。また,特定の個人を誹謗中傷するネット上の被害者又は加害者になったりするなど大きな社会問題となっています。
夜遅くまでのメールの交換やゲーム,SNSは,生活のリズムを崩し,学校生活にも悪影響を与えます。携帯電話やスマートフォンを安全・安心に使うためには,その必要性と責任をお子さん自身が自覚することが何よりも大切です。お子さんの利用の実態を知り,フィルタリング機能を活用することだけでなく,利点や危険性などについてよく話し合い,親子でルールづくりをすることが重要です。

教育・子育て電話相談員
.

Q2. 息子のアルバイトを辞めさせたい

高校生の息子はバイクが欲しいという理由でアルバイトを始めました。話し合いの結果,夜8時までの約束で許可することにしました。数か月後,ためたお金でバイクを購入しました。最初は帰宅時間を守っていましたが次第に帰宅が遅くなり,最近ではたばこの臭いもするようになりました。アルバイトを辞めさせたいのですが,どのように対応すればよいでしょうか。

高校生の母親

Answer

今回のようにバイクを購入したいがためにアルバイトを始め,生活習慣が変化してしまうことはよくあります。しかし,アルバイトは社会性や金銭感覚を養うための効果もあり一概に否定はできませんが,当初のバイクを購入するという目的を達成した後,何のためにアルバイトをしているのか,また約束事を守らないことや,たばこの臭いについてもあらためて親子で率直に話し合ってください。
アルバイトを辞めることがすべての解決方法とは限りませんが,当初の目的を達成した現在,本当にアルバイトを継続する必要性が無いのであれば,今は高校生としての学業に専念するべきということや今後の学校生活,自分の将来について今回のことも併せて,お子さんがどのように考えているのかを聞きながら親子でじっくりと話し合う機会としてください。その際には,決してお子さんに言い聞かせるという態度ではなく,親として子どものことを心配しているということを率直に伝え,お子さんの考えも尊重しながら寄り添い,お子さんにとって一番良い方向に導いてあげましょう。

教育・子育て電話相談員
Loading