回答(中学生)

習慣・しつけ

.

Q1. 中学生の息子への接し方

中学生になってまもなく1年になる息子は,良い仲間に恵まれ,学校生活にも興味を持って楽しそうに通学しています。
しかし,最近になって,時々反抗的な態度を取るようになってきました。親としてどのように関わったらよいでしょうか。

中学生の母親

Answer

息子さんが意欲を持って中学校生活を送っていることは大変望ましいことです。
しかし,親が心配のあまり口やかましく注意したりすると,「うるさい」と反抗されることもあるでしょう。世話を焼き過ぎたり,干渉し過ぎたりすることを子どもは嫌い,かえって逆効果になってしまいます。中学生になった息子さんはちょうど青年前期に入り,自分の意志や考えを大切にする気持ちが強くなり,両親から自立していく時期なのです。
「手を離して目を離すな」と言われるように,小さな変化や心の動きに気を配るように心掛けましょう。また,子どもを信じ,悩みなどを温かく受け止めて話を聞いてあげ,子ども自身が自立していけるように支援していきましょう。自然に独立心が育つことによって反抗期を上手に卒業し,さらに,両親や友だちとの温かい人間関係を通して,自分自身に自信を持つことになるのです。

教育・子育て電話相談員
.

Q2. 何事にも反抗する子ども

最近,中学生の子どもが親に反抗してばかりいます。以前は素直な子どもでしたが,急に変わってしまいました。どのように対処したらよいのでしょうか。

中学生の母親

Answer

このような子どもの反抗は,思春期を迎えたことによるものです。この時期の子どもは,体はもちろん,心もこれまでと大きく変化し,劣等感や自己嫌悪の感情,社会や大人に対する不信や矛盾,正義感などを感じ始めます。このような意識が「反抗」という形で表れるようになります。
多くの親は,「この頃変わってしまった」と不安を感じますが,子ども自身も,乱暴な言動を取る自分に驚きと後悔を感じています。反抗は子どもに「自分も大人」という意識を形成するために必要なプロセスでもあります。戸惑うこともあるかと思いますが,子どもの言動を冷静に受け止め,過剰な反応は避けることが大切です。
また,この時期は,社会的なルールを身に付けさせることに関心を向け,親としての愛情は残しながらも,子どもの発達を見ながら,優しさと厳しさのバランスが取れた向き合い方を心掛けましょう。

教育・子育て電話相談員

学習・進路

.

Q1. 勉強へのやる気がない娘

娘には小学1年生から塾に通わせ,勉強を頑張るよう励ましてきましたが,中学2年生になってからほとんど勉強をしなくなってしまいました。成績が下がっても気にしていませんが,学校生活は楽しく過ごしているようです。親として,娘のために何かと環境を整えてきたつもりですが,勉強をやろうとする気持ちがないようで困っています。

中学生の母親

Answer

娘さんの立場になって考えてみると,小学生のころから親の言うままに塾通いを続けてきたことに疑問を持ち始めたのかもしれません。中学2年生ともなると,子どもは親の思いや考え方に批判的になってきますが,これも成長の一過程です。
大切なのは,親子でじっくり話し合い,娘さん自身が何のために勉強するのかを考えることです。さらに,塾に通う目的が何かをはっきりさせておきましょう。不得意教科の補充学習なのか,目標校合格のための学力アップなのか,何となく安心するからなのかなど,話し合ってみることが大切です。
現在の娘さんの学力から考えて,本当に塾での学習が必要なのかどうかを,娘さん自身に決定させてみてはどうでしょうか。自己決定することで自分の生活を振り返り,反省しながらより良い学習の仕方を身につけていきます。
勉強にも自立心が必要です。親としては,娘さんの意思や思いを受け止めながら,意欲的に学習に取り組めるよう,見守りの姿勢で接してほしいと思います。

教育・子育て電話相談員
.

Q2. 勉強と部活動の両立に悩む

中学生の我が子は入学当初からA高校にあこがれていましたが,最近は部活動に夢中で勉強に集中できないでいるようです。成績も伸び悩み,友人が希望しているB高校に行きたいと言い出しました。親としては,頑張れば可能と思われるA高校を目指してほしいという思いがあり,少しずつ家庭学習も頑張ってほしいと思っています。どのようにアドバイスすればよいでしょう。

中学生の母親

Answer

部活動は仲間と一つになって目標に向かって打ち込むものです。親としてはお子さんの思いを大切にし,部活動の頑張りを認めてあげてください。その上で,家庭学習などの勉強が習慣化できるように声をかけてください。
特に,部活動で疲れている時こそ,ちょっとした勉強の様子をとらえ頑張りを認め,心身両面から応援してあげることが大切です。
部活動を通して自分なりに精いっぱいやり遂げたという達成感を持たせたいものです。その達成感が本人の中で大きければ大きいほど,部活動引退後に進路に向けて気持ちを切り替えられる原動力となります。
中学生の時期は友人との結びつきが強くなり,親を避けたり反抗したりする半面,親に対して「分かってほしい」という気持ちが強くなる時期でもあります。進路についての話題を通して,お子さんの気持ちを大切にしながら真剣に話し合う時間を持ちましょう。
一方,学校では進路指導のための豊富な資料や情報が整っています。担任の先生とも納得のいくまで話し合ってください。その上でお子さんが自らの将来について考え,目標に向けてよりよい進路選択ができるように応援してあげてほしいと思います。

教育・子育て電話相談員
.

Q3. 勉強に集中しない息子

中学2年の息子が「落ち着きがなく授業中も勉強に集中していない」と担任の先生から繰り返し注意されています。 
間もなく3年生になり高校受験を控え、何度も「集中して勉強しなさい」と注意しても反抗するばかりでとても心配です。 
父親は子育てに協力してくれず、一人で悩んでいます。どのように対処すればよいのでしょうか。

中学生の母親

Answer

受験を迎える子どもを持つ保護者にとって、子どもが勉強に集中しない様子から「勉強しなさい」と何度も言ってしまう気持ちは理解できます。しかし、親が子どもの進路を考えるように、子ども自身も中学2年終了間際ともなれば同じように悩み、不安を感じていると思われます。特に高校受験は、子どもにとって人生で初めての試練を受ける場であり、そのプレッシャーの大きさは大変なものがあります。 
そこで大切なことは、まず「勉強に集中する」ためには、お子さんと将来の夢や目標についてじっくり話し合い、その実現のためにはどのように行動したらよいのかという話し合う機会をもつことが大切です。将来の夢や目標が明確になることで勉強に集中できるようになります。また、家庭での生活時間を見直し、学習する時間についても話し合い、時間を子どもに決めさせるとよいと思います。それを実行することで、自分が学習する時間を自覚し、徐々に勉強に集中するようになると思われます。 
思春期の子どもにとって「勉強しなさい」と言われると、逆にやる気をなくすことが考えられます。家庭での学習に集中しないことがあっても、子どもを信頼して勉強についてはなるべく言わないように心掛けてみましょう。勉強に集中している様子が見られたときには「頑張っているね」とねぎらいの言葉をかけてあげましょう。 
また、学習の合間や休息の時間に、一家だんらんを楽しめる温かい家庭の雰囲気作りを心掛け、学習するのに最適な環境を作るために家族全員で協力していくことも大切です。

教育・子育て電話相談員

交友・学校生活

.

Q1. 生活の乱れた息子

息子は毎日,野球部の練習に熱心に取り組み学校生活が楽しそうです。しかし最近になって帰宅時間が遅い日が多くなり,理由を聞くと,野球部の友だちに誘われてコンビニやゲームセンターに立ち寄って遊んでいるようです。どう対応したらよいでしょうか。

中学生の母親

Answer

息子さんは中学校で,野球部の厳しい練習が終わった後の開放感などから,学校帰りに寄り道をするようになっているのでしょう。帰宅時間がさらに遅くなったり,回数が増えたりする可能性もあるので,早い時期に対応を考えなければなりません。
まずは父親を交えて話し合い,息子さん自身が自分の行動を振り返る機会をつくりましょう。詰問口調で問いただすのではなく,息子さんを信頼しているという態度で語り合う姿勢を心掛けてください。状況を把握した上で,一緒に行動している友だちの親御さんと連絡を取り合い,保護者が連携して対応することが大切です。
部活動は技能向上だけでなく,心身の健全な育成と豊かな人格形成を図る上で大変有意義なものです。しかし一方で仲間意識の強まりがマイナス面に働き,集団での問題行動につながる場合もあります。指導者の影響力が強い場合も多く,顧問の先生と協力した指導が効果的です。生徒指導の面からも学校と連携する必要があるでしょう。
生活の乱れは学校や家庭,友だち関係などさまざまな原因が絡み合っていますが,親子や家族のかかわり方が最も大切です。問題行動だけに目を向け,断定したり押しつけたりせず,家庭が息子さんにとって安らぎの場所となるような環境づくりを心掛け,時には親として毅然とした態度を取ることも必要です。

教育・子育て電話相談員
.

Q2. 新しい友だちができない

中学生の娘は,学校のクラス替えで仲の良かった友だちと別のクラスになってしまい,いまだに新しい友だちができないと悩んでいます。
部活動に対する意欲もなくなってしまったようで,すべてに無気力になってしまいました。親としてどうしてあげたらよいのでしょうか。

中学生の母親

Answer

中学生は多感な時期ですから,仲の良い友だちとクラスが別々になったりすることからくる心細さは想像以上のものがあるものです。
まず娘さんが友だちとクラスが別れ,しばらく寂しい思いをしている気持ちを十分に聴いてあげることが必要です。そしてお母さん自身も,娘さんと同じように悩んだり苦しんだりした経験があることを話すなどしてあげることで,娘さんの心に元気が戻ってくることでしょう。
クラス替えには,さまざまな人と行動をともにする経験を通して人間関係づくりを学ぶという目的もあるので,娘さんの気持ちが落ち着いたら,これまでの友だちばかりでなく,新しい学級の友だちにも目を向け,学級が好きになれるよう励ましてください。娘さんはお母さんの温かい見守りの中で,新しい友だちづくりができていくものと思います。
また友だちのことや部活動のことなど,娘さんが悩んでいる状況を担任の先生や部活動の先生に伝え,理解してもらうとともに,交友関係に心配りをお願いすることもよいでしょう。

教育・子育て電話相談員
.

Q3. 受験生への接し方

息子は県立高校受験を目指し、日夜、机に向かっておりますが、受験に対して過敏になり、何かと家族に当たり散らします。近頃は物にも当たるようになりました。母親として心を痛める毎日です。どのように接していけばよいのでしょうか。

中学生の母親

Answer

受験生の中には情緒不安定になり、人や物に当たったりする場合があります。息子さんも受験を間近に控え、不安からくるストレスがたまっているのでしょう。
受験生をもつ家庭としては、受験を幾多の試練を乗り越えるためのよい経験として前向きにとらえ、本人を励ましながらも温かく見守ってあげることが重要です。息子さんの努力している姿を認め、応援していることを伝えてあげてください。それと同時に、今の努力は、将来の夢や希望を実現させるためのものであることを、息子さんによく理解させることも大切です。
しかし、日常生活の中では、過度に気をつかうなどの特別な接し方は逆効果のことも多いため、普段どおり接する方が、本人の気持ちの安定につながることでしょう。
また、担任の先生に息子さんの状況を伝え、受験に向けて計画的に学習が進んでいるか声をかけたり、自信をもって受験に臨むよう励ましたりしてくれるよう、お願いすることもよいでしょう。

教育・子育て電話相談員
.

Q4. 部活動と進路

我が子は中学校に入学して部活動に夢中になって取り組んでいました。しかし、友だちから「下手」と冷やかされ落ち込んでしまいました。それ以来、部活を休みがちになり、部活の友だちと会うことも避けているようです。最近は一人で遊ぶことも多くなり心配です。どのように対処すればよいでしょうか。 

中学生の母親

Answer

思春期という心身ともに不安定なこの時期は、友だちの何げない言葉に傷ついたり、友だちとのトラブルも多くなりがちです。
しかし、子どもの成長過程でこのような問題に悩み、自力で乗り越える経験は友だちとの付き合い方や人を思いやる気持ちなどを育み、大人になってからのより良い人間関係の構築につながることでしょう。
親は温かく見守り、話をじっくり聞いてあげることが大切です。親から見れば「考え過ぎ」と思われるようなことでも、悩んでいる子ども自身にとっては大きな問題と考えた結果の行動だと思われます。単純に「部活に行きなさい」と叱咤激励するだけでは、問題の解決にはなりません。親は子どもの話を聞きながらさまざまな角度から適切な助言をし、部活動を続けたいという気持ちが自然と湧いてくるのを見守ると同時に、新しい友だち関係づくりにも目を向け、幅広い人間関係を前向きに築いていけるような助言を心掛けましょう。 

教育・子育て電話相談員

いじめ・不登校

.

Q1. 新学期,不登校の娘

中学生の娘は,仲良しグループの三人から仲間はずれにされ,2学期は欠席がちとなり,3学期は不登校になってしまいました。今は新学期からの登校や学習への遅れについて悩んでいます。「学校へ行かなくてもいいよ」と言っているので少し落ち着いていますが,どのように対応すればいいのでしょうか。

中学生の母親

Answer

お子さんは今,思春期といわれる時期にいます。思春期は身体の成長に心の成長が追いつかず,誰もが不安定な状態になりやすい時期です。また自分自身について考えるようになる時期でもあります。
特に学校生活では,友人との人間関係や成績などの面で他者と比較されることに敏感になり,それが大きな悩みにもなります。心身ともに疲れている時は休息が必要で,娘さんの場合,自ら納得できるまでゆっくり考える時間を与えるとともに,娘さんのつらい気持ちを分かってあげることが大切です。
また,できるだけ早く学校の先生や専門機関に相談し,登校を阻んでいる要因をなくすようにしましょう。そして「行かなくてもよい」とお母さんが言うよりも,本人のプラス面を認めるようにかかわり,自分に対する自信を回復させるよう心理的な成長を支えてあげましょう。

教育・子育て電話相談員
.

Q2. 仲間はずれにされる息子

息子は小学生のころは身体も大きく,リーダー的な存在でしたが,中学生になってから学校では目立たない存在のようです。野球部に所属し,大会での活躍を目指して頑張っていましたが,最近は家に帰っても元気が無く,理由を話そうとしません。他の部員の保護者に電話で聞いてみたところ,原因は分かりませんが野球部内で仲間はずれになっているとのことです。どのように対応したらよいのでしょうか。

中学生の母親

Answer

中学生ともなると,悩みごとを打ち明けられずに一人で悩むことも多く,深刻な事態に陥る場合もあります。まずはお子さんの心の理解に努めましょう。また,担任の先生に相談し,お子さんの学校での生活の様子や友だち関係について聞いてみましょう。
中学校生活で部活動は大きな役割を占めるようになります。部活動は団結心や仲間意識をはぐくむのに大変よいですが,ときにトラブルが発生することも考えられます。「野球部内で仲間はずれになっている」とのことですが,顧問の先生にも相談してみることが大切です。原因を明らかにすることで解決への方向性を見いだすことができるのではないかと思います。
保護者として,お子さんの小さな心の変化を見逃さず,理解に努めることが最も大切です。そのためには何でも相談できるような家族間の温かな雰囲気作りが必要になってくるでしょう。お子さんにしっかりと寄り添い,解決策を一緒に考えてあげましょう。

教育・子育て電話相談員

家族・地域

.

Q1. 不仲になった思春期の姉弟

高校生の娘と中学生の息子をもつ母親です。二人姉弟で仲が良かったのですが,最近,仲が良くありません。原因は息子の命令口調と粗暴な行動のためだと思います。娘も弟と距離を置くようになり,時々理由もなく夜遅く帰宅するようになりました。父親は以前から子どもの教育に全く無関心です。今後どのように対応すればよいでしょうか。

中学生と高校生の母親

Answer

思春期のお子さんは,身体的にも心理的にも変化が大きく,突然反抗的な態度をとったり,内にこもったりすることがよくあります。これは不安定な心の状態を反映しています。この時期は,親や周囲の大人から自立し,自分なりの方向を見つけようともがく時期でもあります。学校や友人関係の悩み,家庭での反発なども増えてきます。
まず大切なのは,思春期の特徴を理解して,家族の絆を強めようと心掛けることです。そのためには,お子さんの反抗的な態度を時には温かく受け入れるとともに,誠実に向き合い,本音で対応することです。具体的には,それぞれのお子さんたちの悩みや不満にじっくりと耳を傾け,姉弟にとって良い方向に解決するために,父親にも役割を分担してもらう必要があります。両親が協力して,お子さんの悩みや不満を家庭の中で穏やかに話し合える雰囲気を作りましょう。
家族が本音で話し合い,親が真剣に子どもと向き合うことで,子どもたちが親を信頼し,日常の不安定な心が癒やされ,安心して生活を送れるようになります。そして家族や周囲に対しても思いやりの気持ちが芽生え,以前のような仲の良い姉弟に戻ることができるでしょう。

教育・子育て電話相談員
.

Q2. 生活が乱れた息子

中学生の息子は,入学した当時は規則正しい生活を送っていたのですが,進級に伴い生活が乱れ始めました。今では友だちの家で夜遅くまで遊んでいて,帰宅が夜9時を過ぎることもあります。何度注意しても言うことを聞きません。単身赴任の夫は月に一度帰ってきますが,帰るたびに息子と衝突し,息子は家を飛び出すことがあります。夫とは,息子のことで意見が対立し,言い争いになることが多い状況です。息子の生活の乱れを直すにはどうしたらよいのでしょうか。

中学生の母親

Answer

息子さんの行動には,必ずきっかけや原因があると思います。勉強の行き詰まりや友人関係,あるいは部活動のことなどで悩んでいるかもしれません。学校生活全般について,担任の先生に相談されてはいかがでしょうか。
また,家庭が息子さんにとって安心して心を休める場であるかどうかも大切です。父親が厳し過ぎたり,母親が過干渉で指示し過ぎたりするようなことはないでしょうか。家の中に息子さんの居場所はあるでしょうか。友だちの家が自分の存在感を満たしてくれる唯一の場所となっていませんか。
家庭は憩いの場。両親が言い争いをしている姿を見ることは,息子さんにとってつらいものです。両親が仲の良い姿を見せ,息子さんと向き合って十分考えや意見を聞くなど,常に愛情を持って真剣に考えていることが伝わる環境を築いていくことで,変わっていくのではないでしょうか。

教育・子育て電話相談員

問題行動

.

Q1. 子どもの外泊について

中学生の娘は最近,土曜日の夜になると外泊するようになりました。服装も何となく派手になってきたように思えます。娘は友だちのところで勉強しているから心配しなくていいと言って,行き先も教えてくれません。今後,どうしたらよいでしょうか。

中学生の母親

Answer

娘さんに対して,最初から否定的な言動は避けるべきすが,親としては細心の注意を払う必要があります。親の目の届かない外泊は非行の芽となる可能性があるだけでなく,安全や健康の面でも心配です。
中学生になると心身ともに成長し,親から心理的に自立しようとします。判断のよりどころを,それまでの家族から友だちに求めるようになり,友だちに認められることを重視します。まず御夫婦で娘さんの交友関係などをよく話し合うとともに,担任の先生と連絡を取り,今後の対応を相談することを勧めます。
また娘さんに対しては誰と,何人で,どこで勉強しているのか,宿泊する必要があるのかなどを確認するだけでなく,じっくりと向き合い,本人の置かれている状態や気持ちを聞くことが大切です。交際している子のお互いの親同士が連携を取りながら,子どもたちの周りに非行を誘発するような状況が常にありうることを認識しておく必要があるでしょう。
この行動をきっかけとして,社会のルールを教えるチャンスととらえたいものです。娘さんの心の変化(成長)を感知する上でも,何でも話し合える温かな親子関係をつくることが寛容です。

教育・子育て電話相談員

その他

.

Q1. サプリメントに頼る娘

中学生の娘ですが,肥満を気にして食事をほとんど取らずにサプリメントを取っています。食事を取るよう,繰り返し言い聞かせていますが,聞く耳を持ちません。このままでは病気になってしまうのではないかと心配です。どうしたらよいでしょうか。

中学生の母親

Answer

サプリメントとは,特定の栄養素の不足を補うための「栄養補助食品」というのが,一般的な解釈となっています。栄養補助食品ですので,医薬品と比較して副作用の心配は少なくなりますが,摂取するサプリメントの組み合わせや過剰な摂取などにより,本来の効果が出にくかったり,副作用を及ぼすような場合もありますので,サプリメントへの過信は禁物です。
現在,思春期のまっただ中にいるお子さんは,身体的発達とともに,外見を含めた他人からの評価に敏感になります。自分の容姿に悩み,無理なダイエットに走り健康を害する場合もあります。しかし,今は大人になるために大切な,そして女性としての体の機能を整えるための大切な時期です。肥満を気にしすぎて,必要以上に食事を制限したり,サプリメントに頼ると,栄養のバランスを崩し,健康状態が悪くなってしまうこともあります。
自分の身長から適正な体重を把握するとともに,サプリメントに依存する生活を改め,日常の食事の習慣や生活行動から,適正な体重を保つようにすることが大切です。また,楽しみながら出来る運動を勧めたり,家事の手伝いや一緒に散歩をするなど,生活の中で,自然と体を動かす習慣を身に付けさせ,健康的な生活を送ることが一番だと思います。

教育・子育て電話相談員
Loading