茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口

トピックス

令和3年6月24日(木曜日)令和3年度教育課題に対応するためのリーダー養成研修講座

 水戸教育事務所では、教育課題に的確に対応することができるリーダーとしての資質・能力の向上を図るため、令和3年度教育課題に対応するためのリーダー養成研修講座(4回実施:うち1回は研修センターで実施)の第1日目を開催しました。

 

 開講式では、湯浅友明水戸教育事務所長が「今日の教育的課題に対応するために」というタイトルで、受講者に講話を行いました。

 国の動き(新学習指導要領)を捉えて、児童生徒の資質・能力を育てるために、「カリキュラム・マネジメント」と「主体的・対話的で深い学び」をキーワードとして、「知識及び技能」「思考力・判断力・表現力等」「学びに向かう力・人間性等」をバランスよく育成してほしい。

 本県の現状としては、50歳代の教員が全体の4割を占め、5年間で2割、10年間で4割が退職する。だから、新規採用者が今後も増える傾向にある。そこで、一人一人の教員の資質の向上や人材の育成が課題となってくる。

 リーダーの役割は、業務の側面や人間関係の側面両方で、現状を維持するとともに改善も必要になってくる。受講者の皆さんは子供たちのために積極的に取り組んでほしい。


 続いて、岩城和久主任指導主事兼生徒指導班長は、カリキュラム・マネジメントの意味や、なぜ、カリキュラム・マネジメントが必要なのか等について話しました。

 その後、受講者は、学校運営参画意識の高揚と校内の人材育成の取組のために、グループに分かれて演習「リーダーへの道」を行いました。自校の学校グランドデザインを具現化するために何ができるかなどを考え、互いに課題を共有しました。

 振り返りシートや受講後の表情からは、新しいリーダーとして取り組もうとする意欲ややる気が感じられました。

  • 自分が今できることで、どのように学校のために、他の先生方のためになれるのかを考えるきっかけとすることができた。
  • 学校全体のことにもっと目を向けていく必要があると感じた。
  • グランドデザインを見ていると、もっと自分でできることがあるなと感じた。

参加者で教育課題を話し合う

▲参加者で教育課題を話し合う

指導主事の助言を聞く

▲指導主事の助言を聞く

主査からメッセージ

▲主査からメッセージ

 

令和3年6月10日(木曜日)管内第1回適応指導教室等連絡協議会

 水戸合同庁舎において、不登校児童生徒への適切な対応に資するため、「適応指導教室と学校との連携 ~連携しやすい体制の構築に向けて~」をテーマに、適応指導教室等連絡協議会を開催しました。

 鈴木宏一学校教育課長は、開会行事の中で、様々な課題を抱えながら組織的に対応している適応指導教室の担当者に敬意を表するとともに、適応指導教室が児童生徒を支援できるのは、中学3年生までと限られた期間であるため、リーダーシップをもって学校との情報交換を積極的に進めていってほしいと挨拶しました。

 次に、適応指導教室相談員及び市町村教委指導主事21名が、5つのグループに分かれ、水戸教育事務所生徒指導班の指導主事等とともに、適応指導教室における学校等との連携状況について、作成したレポートをもとに課題や対応について情報交換を行いました。

 終わりに、茨城大学教育学部副学部長三輪壽二教授が講話及び助言とまとめを行いました。参加者は、文科省「教育支援センター(適応指導教室)に関する実態調査」をもとにした学校等との連携状況や「学校との連携の意義や目的」及び「効果的な情報連携の在り方」等について耳を傾け、学校との連携の方向性について理解を深めました。

 参加者は、アンケートの中で、次のように振り返りを書いていました。

(アンケートから一部抜粋)

  • 効率的な情報連携に向け、これまでの取組を見直していきたいと考えた。
  • 教育支援センターの運営の点検ができた。
  • 早期介入の具体的な方法についてイメージを広げられた。
  • 学校との連携の際、手を打つ場面が明確になった。
  • 連携を進める上での現状のデータ、具体策の提示等がありとても分かりやすい講義だった。
  • 各学校の先生方にも適応指導教室の理解を図っていきたい。
  • 一見無駄に見えるような定期的な取組も、長期的に見ると地慣らしになり必ず意味がある。

鈴木宏一課長挨拶

▲鈴木宏一課長挨拶

 

教育支援センターの運営をどうするか
▲教育支援センターの運営をどうするか

 

相談員として何ができるか
▲相談員として何ができるか

 

指導主事として学校にどのように働きかけるか
▲指導主事として学校にどのように働きかけるか

 

三輪壽二教授の講話を聞く参加者
▲三輪壽二教授の講話を聞く参加者

 

 

令和3年5月13日(木曜日)第1回若手教員〔初任者〕研修及び少人数教育充実プラン推進事業等に係る非常勤講師研修

 水戸教育事務所において、管内市町村の小・中学校、義務教育学校に勤務する初任の会計年度任用職員(非常勤講師)14名を対象に「第1回若手教員〔初任者〕研修及び少人数充実プラン推進事業等に係る非常勤講師研修」を実施しました。(茨城県では、令和2年4月1日に非常勤講師の資質向上を図るために「市町村立学校県費負担会計年度任用職員(非常勤講師)取扱要項」を定めて、会計年度任用職員(非常勤講師)の任用を行っています。)

 はじめに、木村一副参事兼次長から、「児童生徒が生涯にわたって主体的に学び続けることのできる資質・能力を身に付けるために、ICTを活用した授業改善・指導方法の工夫を行ってほしいこと」「人にものを教えるには、『尊厳と信頼』がなければ成立しないことから、教員としての服務と心構えについて確認し、知識や理解を深めてほしいこと」などの話がありました。

 講義Ⅰでは、人事課の塙次男管理主事から「教員の服務と心得について」、講義Ⅱでは、学校教育課の鈴木宏一課長から「若手教員〔初任者〕研修及び少人数教育充実プラン推進事業等に係る非常勤講師研修について」、講義Ⅲでは、学校教育課の飯村高志指導主事から「学習指導について」、講義Ⅳでは、学校教育課の眞崎睦子指導主事から「児童生徒理解について」の説明がありました。


【参加者のアンケートより】

  • 児童との信頼関係を築くことが大切ということを改めて感じることができた。
  • 立場的に限られた時間の中で、生徒達にもっと積極的に関わって良いのだと気付かされた。先生方のご協力のもとステップアップしたい。
  • 子供達にどのような発言、態度、行動をとるべきか、自身について再考するきっかけとなった。
  • 「どう教えるか」ではなく、子供達が「どう学ぶか」「何を学ぶのか」について考え、授業をしていきたい。

鈴木課長の講義

▲鈴木課長の講義

熱心に講義を聴く研修生

▲熱心に講義を聴く研修生

 

令和3年4月2日(金曜日)臨時的任用職員及び育児休業代替任期付教職員研修

 水戸教育事務所において、管内市町村の小・中学校、義務教育学校に勤務し、授業を担当する臨時的任用職員及び育児休業代替任期付教職員のうち、任用前の臨時的任用職員等の任用期間が概ね通算12箇月未満の方81名を対象に「臨時的任用職員及び育児休業代替任期付教職員研修」を実施しました。

 はじめに、湯浅友明水戸教育事務所長から、「全体の奉仕者として職務に当たってほしいこと」「より専門的な力をつけて、県民(児童生徒、保護者等)の期待に応えてほしいこと」「苦しい時には一人で抱え込まないでほしいこと」などの話がありました。

 講義Ⅰでは、人事課の藤枝祥子管理主事から「勤務について」、講義Ⅱでは、人事課の佐藤悦雄管理主事から「服務について」、講義・演習では、学校教育課の眞﨑睦子指導主事から「児童生徒理解について」の説明がありました。

【参加者のアンケートより】

  • 社会人として働き始めて2日目だが、今回の研修で、自分が教員となっていよいよ働くのだという自覚と責任感が湧いてきた。
  • 組織でスムーズに対応できるように、先生方との良好な人間関係の構築を目指していきたい。
  • 今日の研修で、言葉かけ、発言には十分に注意しようと改めて実感することができた。
  • 一人一人の児童をよく見て、その子にあった声かけを意識して、明日から子供たちと接していきたい。

湯浅所長あいさつ

▲湯浅所長あいさつ

熱心に講義を聴く研修生

▲熱心に講義を聴く研修生

 

お問い合わせ

水戸教育事務所

〒310-0802 茨城県水戸市柵町1-3-1 県水戸合同庁舎[6階]

電話 029-227-4451(総務課) FAX 029-228-4699 E-mail mikyo@pref.ibaraki.lg.jp

   029-227-4451(人事課)

   029-227-4453(学校教育課)

   029-221-5550(相談室)