茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口

稲敷市立あずま北小学校

令和2年2月10日掲載

自然体験通し環境守る

全国緑の少年団活動発表大会で発表する児童

▲全国緑の少年団活動発表大会で発表する児童

 

 あずま北小学校は、霞ケ浦と利根川にはさまれたところに位置していて、学校の後ろには「大日山」という学校林があります。これらの自然を生かして、学年ごとにさまざまな活動をしています。

 1・2年生は、大日山でドングリ拾いや虫取りをします。3・4年生は、「妙岐(みょうぎ)の鼻」という湿地帯でカヤ刈場の見学をし、野鳥や昆虫の観察をします。4年生になると、「霞ケ浦湖上体験スクール」に参加して、霞ケ浦の水質について学習します。5・6年生は、ヒノキの間伐材を使ったおはし作りをしたり、水郷県民の森で森林・林業体験をしたりします。

 これらの活動の他に、学校の伝統として、「クリーン・グリーン活動」を行っています。これは、登校時間を利用して、地域の方や先生方と共に通学路のごみ拾いをすることで、地域の環境美化を図ろうというものです。

 以上のような活動が認められ、あずま北小学校は、国土緑化推進機構から「みどりの奨励賞」を授けられました。そして、沖縄で開催された第43回全国育樹祭と、その併催行事である「全国緑の少年団活動発表大会」に参加することができました。

 これからも、すすんで地域の環境を守り、自然を大切にしていきたいと思います。

(稲敷市立あずま北小学校6年黒田悠加、高城結香)

【令和2年2月3日茨城新聞掲載】

 

稲敷市立あずま北小学校

 住所 稲敷市伊佐部1673
 電話 0299-79-0033
 校長 松島正典

 稲敷市立あずま北小学校ホームページ

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 総務課[県庁舎22階]

電話 029-301-5148・5152(調査・広報担当)  FAX 029-301-5139

E-mail kyoikusomu@pref.ibaraki.lg.jp