茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口

土浦市立土浦小学校

令和元年8月13日掲載

「一つの輪」校章に願い

校章の金色の輪に「余らず欠けず只一輪」の言葉を入

▲校章の金色の輪に「余らず欠けず只一輪」の言葉を入

れた懸垂幕(右上)のある体育館で、発表を聞く児童

 

 私たちが通う土浦市立土浦小学校の校章は、金色の輪が一つあるだけの校章です。

 他の学校の校章と比べたら、ビックリするほどシンプルなデザインかもしれません。けれどもこの校章は、土浦小学校の伝統と、大切な心を語っているのです。

 明治35年に、校章「たまき(環)」が制定されました。この金色の輪には、「余らず欠けず只一輪」、つまり一人として余ること、欠けることなく、ただ一つの輪のようになってほしいという願いがこめられています。

 土浦小学校の校歌は、童よう「シャボン玉」や「七つの子」で知られる、野口雨情さんの作詞によって作られた、すばらしい校歌です。

 この校歌の3番の歌詞に、「我らの校章 たまきこそ 余らず欠けず 永久(とこしえ)に」というフレーズがあります。このフレーズこそが、土浦小学校の一番大切な教え、なくてはならない私たちの心なのです。

 この心は、学校生活にも根付いていて、私たちはだれとでも仲良く生活しています。

 一人一人の性格や考え方は異なっていても、おたがいを認め合い、一つの輪になれることを表現している、この校章こそが土浦小学校の誇りです。

(土浦市立土浦小学校6年大曽根朋輝)

【令和元年8月5日茨城新聞掲載】

 

土浦市立土浦小学校

 住所 土浦市大手町13-32
 電話 029-822-2325
 校長 小島勝則

 土浦市立土浦小学校ホームページ

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 総務課[県庁舎22階]

電話 029-301-5148・5152(調査・広報担当)  FAX 029-301-5139

E-mail kyoikusomu@pref.ibaraki.lg.jp