茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口

日立市立櫛形小学校

平成31年4月4日掲載

良い環境で総合的学習

専門家を招いて新堀用水について勉強した

▲専門家を招いて新堀用水について勉強した

 

 櫛形小学校は、創立148年を迎える伝統ある学校です。

 日立市北部の高台にあり、太平洋の水平線と山の稜線(りょうせん)がはっきりと見える風光明媚(ふうこうめいび)な土地にあり、校庭には栽培委員会が中心となって育てた花々が一年中咲き誇っています。また、周囲には長者山遺跡などの歴史的遺産も多く、地域の方々により環境が整えられています。

 本校は、総合的な学習の時間が充実しています。

 特に4年生の「サケの稚魚放流」、5年生の「十王の豊かな恵み」では、漁業協同組合や地域の方々の協力をいただき、サケを卵から育てたり、「新堀用水」の大切さを学んだりしています。新堀用水について専門家を招いて、教えていただきました。

 また、委員会活動も盛んです。特に、運営委員会は多くの学校行事を企画しています。中でも「1年生を迎える会」や「6年生を送る会」では協力して企画を考えたり、会場の飾り付けをしたりしています。どちらも、1年生と6年生が手をつないで入場しますが、その姿を見ると、とても感動します。

 私たちは、このような活動をとおして、自主性を学び、みんなで「世界一楽しい櫛形小学校」を目指しています。

(日立市立櫛形小学校6年奥山亮太)

【平成31年4月2日茨城新聞掲載】

 

日立市立櫛形小学校プロフィール

 住所 日立市十王町伊師本郷508番地
 電話 0294–39–3220
 校長 市毛栄

 日立市立櫛形小学校ホームページ

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 総務課[県庁舎22階]

電話 029-301-5148・5152(調査・広報担当)  FAX 029-301-5139

E-mail kyoikusomu@pref.ibaraki.lg.jp