茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム >  茨城県教育委員会へようこそ > 教育広報 > いきいきマイスクール・教師の広場 > 浅野しのぶ教諭(神栖市立大野原学校)

浅野しのぶ教諭(神栖市立大野原学校)

令和3年7月21日掲載

授業で勝負へ研さん

浅野しのぶ教諭
▲浅野しのぶ教諭

 私の教師人生の始まりは学級担任ではなかった。担任教師が出張に行っている間に授業を行う後補充という立場だった。その日にやる授業の内容を確認し、自分なりに準備をして授業に臨む。しかし、全然うまくいかない。ここまでやろうと決めていた内容も半分も終わらない。納得していないような子供たちの表情。申し訳ない気持ちでいっぱいだった。自分のふがいなさが悔しくて、放課後更衣室で一人泣いていた。このときの気持ちが、今も私の中にはっきりと残っている。

 そんなとき、大村はま先生著「教えるということ」の本に出会った。少しでも授業をよくしたいという思いから研修会に参加するようにした。他の先生の授業を見るのはとても面白く、勉強になった。校内で研究授業をしているクラスがあれば、短い時間でも見に行くようにした。いつしか授業をするのが楽しいと感じるようになった。

 授業中、意見が出されても「先生よく分からなかったんだけど、みんな分かった?」 「なになに、どこが違うの?」と、すぐには分かってあげない。そうすると子供たちは「だって・・・」と一生懸命説明をしようとする。この「だって・・・」という言葉がでたら、心の中でガッツポーズをする。もう私の説明はいらない。子供たちは分かってもらおうと必死になる。

 もちろん、納得のいく授業ばかりではない。私の言葉かけが多すぎて余計に混乱させてしまうこともある。授業の難しさを日々痛感している。

 「教師は授業で勝負する」という言葉がある。学校生活の中で、子供たちが最も多くの時間を過ごすのが授業だ。その授業が楽しいものであれば、子供たちは毎日楽しく学校に来ることができるだろう。学級担任として授業で勝負する教師になるよう日々研さんに励む。

【令和3年7月14日茨城新聞掲載】

 

神栖市立大野原学校

 住所 神栖市大野原中央2-1-8
 電話 0299-92-7552
 校長 山中秀裕
 神栖市立大野原学校ホームページ

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 総務課[県庁舎22階]

電話 029-301-5148・5152(調査・広報担当)  FAX 029-301-5139

E-mail kyoikusomu8@pref.ibaraki.lg.jp