茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム >  茨城県教育委員会へようこそ > 教育広報 > いきいきマイスクール・教師の広場 > 熊川英利香教諭(常総市立石下小学校)

熊川英利香教諭(常総市立石下小学校)

令和3年6月30日掲載

児童の笑顔が原動力

熊川英利香教諭
▲熊川英利香教諭

 「奮闘(ふんとう)」。私の今までの3年間はまさにこの言葉がぴったりだ。毎日の授業や学級経営、そして放課後は消毒作業、事務仕事、授業や行事の準備などで、あっという間に時間が過ぎる。最近、SNS(会員制交流サイト)で「#教師のバトン」が話題になった。学校現場の実情を伝える投稿の中には、学校の問題点を指摘する人も多く、私も複雑な気持ちになった。

 一方で、私は、こんなに楽しく、やりがいのある仕事は他にないと思っている。奮闘する日々の中でも、子どもたちのちょっとした言葉や行動に心が救われる。毎日の何気ないやりとり。子どもたちからの寄せ書きや手紙。「先生、大好き」「先生、ありがとう」の言葉。そして何よりうれしいのは、その子の成長が感じられたとき。できなかったことができるようになったとき。笑顔が見られたとき。こうした一つ一つが、私の原動力になっている。

 だが、「大きなやりがい」は「大きな責任」でもあると、日々思い知る。例えば、担任するクラスの子どもが自分そっくりの口調で話しているのを見かけたときだ。直接教えたこと以外にも、子どもたちはさまざまなことを感じ取り、吸収している。

 今の子どもたちは新しい時代を生きている。学校現場や私たち教師は、急速な社会の変化に対応しきれているだろうか。「もっとこうすればよかった」「こんな指導ができたのでは」ー。退勤する車中で、毎日一人反省会をしている。学校現場にも、教師としての私にもまだ課題はたくさんある。その課題をすぐに解決するのは難しいかもしれないが、私も学校も少しずつ変わろうと努力している。全ての子どもたちにとって、学校が楽しい場所になることを目指し、私は常に学び続ける教師でありたいと思う。

【令和3年6月23日茨城新聞掲載】

 

常総市立石下小学校

 住所 常総市新石下1907-1
 電話 0297-42-2058
 校長 荒木良美
 常総市立石下小学校ホームページ

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 総務課[県庁舎22階]

電話 029-301-5148・5152(調査・広報担当)  FAX 029-301-5139

E-mail kyoikusomu8@pref.ibaraki.lg.jp