茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム >  茨城県教育委員会へようこそ > 教育広報 > いきいきマイスクール・教師の広場 > 安斉友里教諭(日立市立河原子小学校)

安斉友里教諭(日立市立河原子小学校)

令和3年3月22日掲載

「学校楽しい」が目標

安斉友里教諭
▲安斉友里教諭

 「おはようございます。先生、あのね…」。朝、子どもたちが元気に登校してくる。今日も忙しくて、楽しい一日が始まった。

 最近私は低学年を受け持つことが多く、今年度も1年生の担任。小学校の約束やきまりを教えながら、子どもたちが「学校は楽しい」と感じられるように日々努めている。責任重大だが、子どもたちの成長がよく見える、とてもやりがいのある学年である。

 今年度は、入学してわずか4日での休校。5月の分散登校を経て、やっと全員そろって授業ができたのが6月。いつもなら、6月になれば学校生活にも慣れ、朝の準備や当番、係活動も一人でできるようになる頃なのに…。

 コロナ対策の中、遅れて再開した1学期。子どもたちの顔が半分マスクに隠れ、名前と顔を覚えるのに少し苦労した。私は、マスクをしていても子どもたちに笑顔が伝わるよう、思いっきり笑うようにしていた。パーティションで囲まれた授業、歌を歌わない音楽、会話なしで前を向いた給食。子どもたちに、学校は楽しいか聞いてみると、「楽しいよ。早く漢字を習ってみたいな」 という答えが返ってきて、とても安心した。

 2学期末に、学級でお楽しみ会を開いた。自分たちで考えたクイズを出し合う中で、「今、はやっているウイルスは何でしょう」と、ある子が出題した。ほとんどの子が手を挙げ、「コロナウイルス」と答えた。こういうことでも遊びに取り入れるのかと、子どもたちのたくましさを感じた。この子たちが大きくなり1年生の頃を思い出すとき、「すごく楽しかった」と言ってもらえたら良いと切に思う。

 金曜日の放課後、「また休みか」というつぶやき声が聞こえた。また元気に登校してね。

【令和3年3月16日茨城新聞掲載】

 

日立市立河原子小学校

 住所 日立市河原子町4-3-4
 電話 0294-36-0545
 校長 益子和則
 日立市立河原子小学校ホームページ

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 総務課[県庁舎22階]

電話 029-301-5148・5152(調査・広報担当)  FAX 029-301-5139

E-mail kyoikusomu8@pref.ibaraki.lg.jp