茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム >  茨城県教育委員会へようこそ > 教育広報 > いきいきマイスクール・教師の広場 > 金澤正弥教諭(常陸大宮市立大宮北小学校)

金澤正弥教諭(常陸大宮市立大宮北小学校)

令和2年11月24日掲載

心を動かす地域の宝

金澤正弥教諭
▲金澤正弥教諭

 大宮北小学校には、歌舞伎がある。正確に言うと、毎年4年生がこの地域に古くから伝わる伝統芸能を体験し、継承していく『こども歌舞伎』と呼ばれているものがあるのだ。

 昨年4年生担任になった私は、否応なくこの『こども歌舞伎』に関わることになった。『こども歌舞伎』には毎年定番の演目がある。お師匠さんが奏でる三味線の音色に乗せて謡い、舞い踊る「常磐津(ときわづ) 子宝三番叟(こだからさんばそう)」と、五人組の盗賊団が、一人ずつ堂々と名乗りをあげる名台詞で有名な「白浪五人男(しらなみごにんおとこ)」の二つだ。

 公演から遡ること4か月前、3人のお師匠さんを招き、本格的な稽古が始まる。稽古を重ねるごとに、子どもたちの声に張りが出てくる。動きに大胆さと艶が出てくる。子どもたちの成長が、見ていてとても心に沁みる。

 昨年は、「西塩子の回り舞台」で公演をさせていただいた。長時間かけて化粧や着付けをしてもらい、出番に備える。控え室を包む緊張感と高揚感・・。さあ、出番だ。否が応でも心が奮い立つ。なぜか子どもたちよりも自分の方が。拍子木の乾いた音と共に開く幕。舞台に響き渡る口上の声からいよいよ始まる。割れんばかりの拍手喝采。おひねりの雨あられ。子どもたちは大舞台に立って一層輝きを増し、自信たっぷりに役を演じきる。(どうだ、これが北小の『こども歌舞伎』だ!)子どもたちを誇らしく思う。満足気な笑みを浮かべた子どもたちの輝く横顔。なんとも言えない最高の一瞬、最高の気分だ。

 大宮北小学校には、歌舞伎がある。この地域に古くから伝わる伝統文化。支えてくださるお師匠さん方と保存会の皆さん。受け継いでいく子どもたち。なくしてはならない地域の宝だ。『こども歌舞伎』を支えてくださる方々に、感謝してもしきれないほどの感謝の気持ちを伝えたい。

 

常陸大宮市立大宮北小学校

 住所 常陸大宮市東野3323番地
 電話 0295‐52‐0314
 校長 坂本馨
 常陸大宮市立大宮北小学校ホームページ

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 総務課[県庁舎22階]

電話 029-301-5148・5152(調査・広報担当)  FAX 029-301-5139

E-mail kyoikusomu8@pref.ibaraki.lg.jp