茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム >  茨城県教育委員会へようこそ > 教育広報 > いきいきマイスクール・教師の広場 > 小口久美子教諭(常総市立飯沼小学校)

小口久美子教諭(常総市立飯沼小学校)

令和2年10月5日掲載

生きたやりとり夢中

小口久美子教諭
▲小口久美子教諭

 「学校が好き」。このことが、私が教師をしている原動力だと思う。子どもが好き、勉強が好き、教えるのが好き…そして何よりも学校が好きである。広い校庭があり、勉強できる机と教室があり、本が読みたくなったら図書館がある。理科室や家庭科室で実験や実習ができ、図工室では芸術家気分で作品づくりができる。音楽室では、だれもが歌ったり楽器を演奏したりできる。そこには友達がいて先生がいて…そんな学校生活を楽しんだから、大人になっても学校にいたいと思い、教師になったのかもしれない。そして教師になってからも、この気持ちは変わらない。学校には、子どもたちがいて職員がいて、みんなと一緒に勉強したいと思っている自分がいる。

 教師になっても学ぶことばかりだ。小学3年生担任である現在、授業の中で発せられる「そっかあ」「分かったあ」の子どもたちの声に私も感動する。自分では予想していなかったところで子どもたちが目を輝かせ、授業が展開する。その時に発した子どもの言葉を、聞き逃さないように私も授業に夢中になる。毎時間、毎日、毎年、同じようにはならない。だから、悩むこともあれば、前向きに「そうきたか」と楽しむこともある。

 授業づくりで悩んでいるとき、「授業者が楽しくない授業は、子どもも楽しくないから」と助言された。すっきりした。生きた人間と人間のやりとりだから、うまくいかないことも思った以上に面白くなることもある。子どもたちとの生きたやりとりを学校で味わえるのが、教師の醍醐味だと思う。

 子どもたちには、うれしいことも悲しいことも楽しいことも学校で体験してほしいと思う。そして、それが学校で学ぶことだと伝えたい。

【令和2年9月28日茨城新聞掲載】

 

常総市立飯沼小学校

 住所 常総市鴻野山859番地1
 電話 0297-43-7527
 校長 宮川敬子
 常総市立飯沼小学校ホームページ

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 総務課[県庁舎22階]

電話 029-301-5148・5152(調査・広報担当)  FAX 029-301-5139

E-mail kyoikusomu@pref.ibaraki.lg.jp