茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム >  茨城県教育委員会へようこそ > 教育広報 > いきいきマイスクール・教師の広場 > 奥村祥子教諭(神栖市立神栖第一中学校)

奥村祥子教諭(神栖市立神栖第一中学校)

令和2年9月28日掲載

感謝忘れず向き合う

奥村祥子教諭
▲奥村祥子教諭

 ミーンミーンとセミの声がする中で授業をする、いつもと違う夏が来た。マスクをしていても、笑い声が響く生徒たちとの毎日は本当に楽しい。休校期間中は誰も来ない、空っぽの教室だけが存在していた。でも今は、ちょっとした会話でクラス全体が笑顔になる、そんな居心地の良い教室にいる。

 健康観察で必ず目を合わせる、朝一番のあいさつは名前も呼びながら、節目には黒板にメッセージを、教室には植物をなど、私が教員として心掛けていることはいくつかある。でも教員4年目の私には、まだまだ課題が多い。だからこそ私対3年B組29人ではなく、一対一であることを忘れず、毎日欠かさずに一人一人の生徒と向き合う。多くの人が私と向き合ってくれたおかげで今の私があると思うからだ。教員になる夢をかなえ、1年から持ち上がりの3年担任、大好きな国語の授業、生徒と共に悩みながらの生徒会や行事運営と、大切な仕事を任されているのも周りの方々のおかげ。感謝を忘れずに生徒と向き合おうと心から思う。

 先日の三者面談で「臨床検査技師になりたい」と恥ずかしそうに、でも勇気を振り絞った様子で言った生徒。実行委員長となることにちゅうちょした友人に「やってみないと分からないよ」と背中を押した生徒会の生徒。3年生になった生徒たちは、新入生の頃とは体も心も全然違う。見上げるまでに伸びた身長と同じように、心も大きく成長しているのだと思う。私はこの生徒たちのように成長しているだろうか。

 3年生を送り出すまでにはまだ時間がある。気付ばセミの声もやみ、教室にはひやりとした風が吹いている。一瞬一瞬を大切にして29人に向き合い、寄り添っていきたい。

【令和2年9月21日茨城新聞掲載】

 

神栖市立神栖第一中学校

 住所 神栖市知手100-3
 電話 0299-96-0302
 校長 米川貢喜
 神栖市立神栖第一中学校ホームページ

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 総務課[県庁舎22階]

電話 029-301-5148・5152(調査・広報担当)  FAX 029-301-5139

E-mail kyoikusomu@pref.ibaraki.lg.jp