茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム >  茨城県教育委員会へようこそ > 教育広報 > いきいきマイスクール・教師の広場 > 丸山明規教諭(古河市立総和南中学校)

丸山明規教諭(古河市立総和南中学校)

令和2年8月17日掲載

コロナ禍の指導模索

丸山明規教諭
▲丸山明規教諭

 
 「まだやったことのないことに挑戦してみたい」。小学校採用から7年、中学校へ異動希望を出した理由の一つである。本年度は、中学校で初めて学年主任を務めることになり、業務の内容が大きく変化し、挑戦が始まった。

 感染予防のための臨時休校中、生徒の学習機会をどのように確保するか。紙媒体で学習課題を出したり、学校に2回線しかない電話で全校生徒の健康観察をしたりすることには限度がある。インターネット環境が整っていない家庭への機器の貸与、生徒が質問したり課題を提出したりするための環境づくり、オンライン学習を進める上でのルールづくりなど、思いつくことはどんどん管理職に提案し、指導を仰ぎながら取り組んだ。

 学校再開後も、感染第2波に対してどのように備えるか、挑戦が続いている。本校は密になる時間を少しでも短縮すべく、日課の工夫により下校時刻を早めたうえで、ドリルや反復練習、インターネット上でできる学習など、オンラインの双方向学習ができるようにしている。

 学校全体として、校内研修も企画した。ビデオ会議アプリの使い方を研修するため、オンラインで学年職員会議を行った。学習支援ソフトの使い方を研修すると、部活動や委員会活動でも活用が広がってきた。グーグル社がリリースしているアプリで作成した小テストやドリルを学校ホームページに掲載すると、多くの先生方が作成し、学習指導を始めた。

 コロナ禍の中、インターネットを活用した学習指導はより一層加速していくはずである。たとえ学校が休校になっても、生徒の学習支援や生徒理解、進路指導のために何かできることがあるはずだ。これからも可能性を模索し、どんどん挑戦していきたい。

【令和2年8月10日茨城新聞掲載】

 

古河市立総和南中学校プロフィール

 住所 古河市磯部1773
 電話 0280-92-1709
 校長 森田泰司
 古河市立総和南中学校ホームページ

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 総務課[県庁舎22階]

電話 029-301-5148・5152(調査・広報担当)  FAX 029-301-5139

E-mail kyoikusomu@pref.ibaraki.lg.jp