茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム >  茨城県教育委員会へようこそ > 教育広報 > いきいきマイスクール・教師の広場 > 長山真平教諭(ひたちなか市立那珂湊第二小学校)

長山真平教諭(ひたちなか市立那珂湊第二小学校)

令和2年7月20日掲載

がんばる児童に誇り

長山真平教諭
▲長山真平教諭

 本校は、教室から海が見える。しかし、フジの花が咲く校庭に児童の姿はなかった。感染症予防のため休校となり、児童が安心して学校に来られるよう準備を進めながら、当たり前に笑い声が響く日常のありがたみを感じた。

 教員になって9年。体育主任を務めることが多かった。特に運動会が心に残っている。

 児童が全力で勝利という目標に向かい、一致団結する。一人一人の意欲、ねばり強さ、チームの協力などが、毎日の練習で大切となる。そうしたなかで私が教師として心掛けてきたことは、一人一人に合った声のかけ方を工夫することだ。目標を明確にし、「あとこれくらいだよ」と伝えることが有効な児童もいれば、「がんばったね」と認め励ますことがやる気につながる児童もいる。時には同僚とも相談しながら、それぞれの成長を支援してきた。

 昨年は、本校に赴任して初めての運動会であった。どうなるだろうかという正直不安な思いもあった。周りの先生と相談しながら、児童とも幾度となく話し合いをもった。迎えた最初の全体練習の日。練習開始のあいさつの声が、校庭いっぱいに響いた。学校に入学したばかりの1年生まで、「やるぞ」と真剣な目を向けている。その気持ちに応えたいと、職員一丸で取り組んだ。そして、運動会当日。天気にも恵まれ、競技や応援、係活動に精いっぱい取り組む児童の姿を見ることができた。

 「精一杯がんばった。楽しかった」と言ったある5年生の児童。努力を続けた本校の児童を誇りに思う。

 児童のがんばっている姿、成長した姿に、日々多くのことを学ばされる。これからも、多くの人の支えに感謝して、十人十色、よりよい教育を目指し学び続けたい。

【令和2年7月14日茨城新聞掲載】

 

ひたちなか市立那珂湊第二小学校プロフィール

 住所 ひたちなか市富士ノ上10番1号
 電話 029-262-2744
 校長 稲野邉絹子
 ひたちなか市立那珂湊第二小学校ホームページ

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 総務課[県庁舎22階]

電話 029-301-5148・5152(調査・広報担当)  FAX 029-301-5139

E-mail kyoikusomu@pref.ibaraki.lg.jp