茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム >  茨城県教育委員会へようこそ > 教育広報 > いきいきマイスクール・教師の広場 > 渋谷大輔教諭(北茨城市立中郷第一小学校)

渋谷大輔教諭(北茨城市立中郷第一小学校)

令和2年6月29日掲載

笑顔の学び舎つくる

渋谷大輔教諭
▲渋谷大輔教諭

 毎朝、ワクワクドキドキしながら教室に向かう。

 勤務校には、元気で明るい子、冷静でクールな子、勉強は苦手だけど運動が得意な子、さまざまな可能性を秘めた子どもたちがいる。教師もまた熱血でパワーあふれる教師、冗談を交えつつもビシッと指導する教師、学ぶポイントを押さえ、子どもの反応や状況に応じて臨機応変に授業を展開する教師がいる。私も教師として、何事にも前向きに、そして愛情をもって子どもたちに接している。

 子どもたちは家を離れれば先生という大人に1年のうち200日以上も関わる。教師とは、子どもにとって親以上に身近な大人として責任のある仕事だと考えている。

 最も身近な大人として、勉強や運動、遊びに一生懸命子どもたちと向き合い、時には大人げなさをも全力で発揮し子どもと接している。教師の仕事は、授業だけでなく宿題やテストの丸付け、友達とのトラブル解決、行事の計画、教材の会計処理…等々と日々忙しく、ブラックな仕事といわれることもあるが、やはり子どもたちの笑顔や成長、できなかったことができるようになった姿にはやりがいを強く感じている。

 学校が、子どもたちの笑顔があふれる楽しい「笑顔の学び舎(や)」であるために、子どもをよく見守り、その日の顔色や調子、個々の性格を考え、言葉かけができる教師でありたい。教師の言動に子どもたちは大きく左右される。学習や行事で子どもたちの生き生きとした姿に触れるためには、自分自身も日々研鑽(けんさん)に励み、子どもたちと「ともに」成長し続けていきたいと思う。同僚である先生方、保護者の方、さらには地域の皆さまと力を合わせて、未来を生きる子どもたちのために「笑顔の学び舎」をつくっていきたい。

【令和2年6月22日茨城新聞掲載】

 

北茨城市立中郷第一小学校プロフィール

 住所 北茨城市中郷町上桜井2905-1
 電話 0293-42-4000
 校長 髙野雅英
 北茨城市立中郷第一小学校ホームページ

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 総務課[県庁舎22階]

電話 029-301-5148・5152(調査・広報担当)  FAX 029-301-5139

E-mail kyoikusomu@pref.ibaraki.lg.jp