茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口

宮本雄次教諭(稲敷市立阿波小学校)

令和元年12月23日掲載

褒めて認めて伸ばす

宮本雄次教諭
宮本雄次教諭

 「叱ることより褒めること」。ある一人の先輩教師が言っていた言葉だ。教師になりたての頃は、この言葉の意味が分からず、子どものことを注意ばかりしていた。時には大きな声を出して怒鳴ってしまうこともあった。しかし、教師という仕事をしていくうちに、次第に褒めることの大切さが分かるようになってきた。

 特に大切なのは、4月の学級開きの時である。素早く給食の準備ができた子や、掃除を頑張っている子を褒めて認めていく。そのことを基盤に学級経営をしていくと、次第に子どものことを叱ったり、大きな声で指導したりする時間は減った。そしてクラスが穏やかな雰囲気になった。また、褒めて認めることによって、子どもたちや保護者との信頼関係が築けてきたのもうれしいことだった。教師が褒めたり、認めたりすることで自然とクラスの中でも相手を尊重する雰囲気が生まれてくる。

 本年度、初めて6年生を担任している。この子どもたちは、3年生と5年生の時にも担任をした。単学級で、初めての6年生担任ということもあり、失敗してしまうこともあった。しかし、そんな時は子どもたちがいつも笑顔で「大丈夫ですよ」と助けてくれた。

 今年の学年便りのタイトルは「一致団結」とした。一人ではできないことでも、みんなで協力をすることで大きな結果を生むことができる。そんな気持ちで本年度をスタートした。今ではさまざまな行事を重ね、心優しく頼りになる最高学年に成長をした。そんな6年生が大好きだ。

 卒業式まで残りわずかとなってきたが、一日一日を大切にし、全員が気持ちよく卒業できるよう、今日も子どもたちの頑張りを見つけ、褒めて認めて伸ばしていきたい。

【令和元年12月16日茨城新聞掲載】

 

稲敷市立阿波小学校プロフィール

 住所 稲敷市阿波1240

 電話 029-894-2200

 校長 五十嵐淳

 稲敷市立阿波小学校ホームページ

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 総務課[県庁舎22階]

電話 029-301-5148・5152(調査・広報担当)  FAX 029-301-5139

E-mail kyoikusomu@pref.ibaraki.lg.jp