茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム >  茨城県教育委員会へようこそ > 教育広報 > いきいきマイスクール・教師の広場 > 海野浩嗣教諭(常総市立大花羽小学校)

海野浩嗣教諭(常総市立大花羽小学校)

令和元年10月21日掲載

成長には失敗も必要

海野浩嗣教諭
海野浩嗣教諭

 私には3歳になった息子がいる。知人に会うたびに「パパそっくりだね~」と言われる。

 私は昨年度1年間、育児休暇を取得した。理由は二つある。一つは一番間近でじっくり子育てをすることで自分の子どもの成長を見守りたいということ、もう一つは子育ての中で今まで感じることのなかったであろう苦労、喜びを今後の教員人生に生かすためだ。

 育児休暇に入る前は6年生を担任していた。活気のある12歳になる子供たちから1歳半の子ども1人へ。そのギャップは大きかった。目を離すと転んだり、急に泣き出したりすることもあった。それでも驚きや発見が数多くあった。昨日できなかったことが今日できるようになることもあった。見聞きしたものを覚え、とびきりの笑顔で教えてくれることもあった。成長の跡を一番近くで感じることができたのは私の宝物だ。

 4月から大花羽小学校に復帰し、6年生担任として日々職務に励んでいる。大花羽小学校の子どもたちは素直で、多くのことを学び、ものすごい早さで成長している。私は、復帰してから子どもたちとの接し方を少し変えるようにした。

 的確な支援を心掛けながらも、自分なりに答えを出すまでできる限り待つようにした。間違ってもいい、失敗してもいい、その経験が大切だということを何度も話した。自分の息子も何度も転びながらかけっこを覚えた。成長する上では少々の失敗も必要だからだ。

 大花羽小学校の子どもたちの成長を見て取れることは、息子の成長を見てきた時と同じくらいうれしく、やりがいのあるものだ。時には指導していく中で苦労することもあるかもしれない。それでも子どもたちと真剣に向き合い、その先にある笑顔のために努力していきたい。

【令和元年10月14日茨城新聞掲載】

 

常総市立大花羽小学校プロフィール

 住所 常総市大輪町386-1

 電話 0297-24-7345

 校長 所美由紀

 常総市立大花羽小学校ホームページ

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 総務課[県庁舎22階]

電話 029-301-5148・5152(調査・広報担当)  FAX 029-301-5139

E-mail kyoikusomu@pref.ibaraki.lg.jp