茨城県教育委員会

EnglishChineseKorean
サイト内検索
茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム >  茨城県教育委員会へようこそ > プレスリリース > 令和4年7月 教育長定例記者会見

令和4年7月 教育長定例記者会見

 教育委員会では、令和4年7月26日(火曜日)、教育長定例記者会見を実施しました。

 内容は下記のとおりです。

 

配布資料

会見要旨

 本日の発表項目は2件です。お手元の資料をご覧ください。

 

次世代グローバルリーダー育成事業について

 「次世代グローバルリーダー育成事業」でございます。目的の所にありますように、海外の人々とコミュニケーションを取りながら、課題を解決していくための思考力やリーダーシップなどを育成する人材育成プログラムとして、平成30年度から実施している事業です。令和4年度では、5期生が入りまして学び始めています。ワンサイクルが2年間となっております。

 これまでの成果としては、右側をご覧ください。世界各国から選抜された高校生を受け入れ、国際感覚豊かな人材を養成する国際的な民間教育機関であるUWC(ユナイテッド・ワールド・カレッジ)というプログラムがございまして、本事業から2名が合格いたしました。日本全国で派遣されるのは16名に対して、75名の応募がありました。茨城から2名、複数名選ばれることは非常に稀なことであります。UWCですが、高校2年生から3年生までの2年間で海外の高校に留学するプログラムとなっております。高校2年生の生徒2名が、8月・9月にそれぞれオランダ校、ドイツ校に派遣されることになり、2年間学んでくることになります。

 また、WSC(ワールドスカラーズカップ)という海外の中高生とディベート等で競い合う世界大会に4期生10名が出場します。9月にバンコクで開催される世界大会で上位に入賞すると、イェール大学で開催されるチャンピオン大会に出場する権利が得られます。過去の大会では、本事業の1期生がチャンピオン大会に出場し、ゴールドメダル等を複数獲得するなどといった実績があった大会であります。取材等につきましては、どちらもご相談いただければと思います。

 さらに、今年度は、5期生46名を新たに加えまして、2年ぶりに定期研修会を行います。今まではオンラインで行っておりましたが、参集型で行っております。今後の見どころとしては、8月11日から13日に開催いたしますイングリッシュキャンプがございます。オーストラリアのボンド大学の教授による講義や模擬国連会議演習、ハーバード大学やオックスフォード大学の海外大学留学生との交流等の研修を3日間行います。研修を通して、本事業のねらいでもある実践的な「英語力」の育成、グローバルな視野、多様な価値観を学ぶ「異文化理解」、そして、柔軟で、常識にとらわれない思考力などを図ってまいります。ぜひ、御取材していただければと思います。場所は県庁とヒロサワシティになります。

 

令和4年度世界へ羽ばたくトップアスリート育成事業
第3期生ジュニアアスリート選考会IBARAKI2022について

 この事業では、国内外で活躍するトップアスリートを輩出することを目的といたしまして、ジュニア世代の発掘・育成を目指して「世界へ羽ばたくトップアスリート育成事業」を令和2年度から実施しており、今年で3年目の事業になります。

 これまで行ってきた育成のプログラムと内容が変わっております。以前と同じで県内学校に在籍の小学4年生を対象に選考会を実施し、運動能力の優れた児童をジュニアアスリート育成選手として選考し、県内プロチームや大学、各種団体等と連携しながら、トレーニング方法、食育などの育成プログラムを計画的、継続的に実施しトップアスリートを目指すための知識や能力の向上を図ってまいりました。今年度の第3期生は、育成する競技を5種目に絞っております。育成する競技といたしましては、サッカー、バスケットボール、スポーツクライミング、バドミントン、ゴルフの5競技になります。5競技に絞ることにより、より専門的なプログラムを実施していくこととしております。

 資料1枚目の下段をご覧ください。第3期生ジュニアアスリート選考会につきましては、7月1日から17日までを申込み期間といたしまして、合計276名の応募がございました。競技ごとの応募人数も記載のとおりでございます。

 資料2枚目をご覧ください。今年度は、8月3日(水)から4日間、県内3会場において測定会を実施いたします。参加者はそれぞれが申込んだ会場・時間において、希望する競技が設定した種目を測定することとなります。2のところに、測定種目・内容について記載がございます。各競技によって測定種目数は異なりますが、各競技3種目から5種目を測定することとなっております。各競技の測定種目については、競技適性等を踏まえ、各競技団体が設定したものです。各測定種目の詳細な内容につきましては、資料下段に記載の一般社団法人スポーツ能力発見協会HPにおいて、ご確認いただきたいと思います。

 今回の測定結果等に基づきまして、第一次選考通過者を選考しまして、第二次選考として面接で本事業参加への最終意思確認をしたうえで、第3期生ジュニアアスリート育成選手を30名程度選出して育成してまいります。まずは、一次選考会を4日間に分けて行いますので、ぜひ御取材をお願いいたします。

 

発表は以上になります。

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 総務課[県庁舎22階]

電話 029-301-5148・5152(調査・広報担当)  FAX 029-301-5139

E-mail kyoikusomu8@pref.ibaraki.lg.jp