茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム >  茨城県教育委員会へようこそ > 教育広報 > スペシャルインタビュー > 新体操 畠山愛理さん ~いろいろなものに挑戦を~

新体操 畠山愛理さん ~いろいろなものに挑戦を~

 

畠山愛理さん

 

 令和元年6月、鹿嶋市立高松小学校では、平成31年度鹿嶋市オリンピック・パラリンピック教育推進事業(夢先生の小学校派遣)として、新体操選手としてオリンピックに出場し、現在も多方面で活躍されている畠山愛理(はたけやまあいり)さんを「夢先生」に迎えました。自身の体験談をもとに、夢を持つことの素晴らしさを児童に伝えてくれました。

 

ゲーム課題をクリアした児童たちとともに喜ぶ畠山さん

▲ゲーム課題をクリアした児童たちとともに喜ぶ畠山さん

 

※ この日行われた「夢の教室」は、(公財)日本サッカー協会が行っているもので、「ゲームの時間」と「トークの時間」、そして子どもたちと夢先生がメッセージを交わす「夢シート」で構成されています。

 「JFAこころのプロジェクト」ホームページ

 

【夢の教室】

自分が「新体操がいい!」って。そう思ったから、新体操を始めたんです。

畠山愛理さん

 畠山さんは小学生の時に新体操に出会いました。「すっごく楽しい!曲に合わせて踊るの楽しいな!」と、すぐに新体操に夢中になり、小学生の卒業文集にも、「夢はオリンピック」と力強く書きました。

 やがて、畠山さんは、中学三年生で新体操の日本代表「フェアリージャパン」のメンバーに選ばれ、合宿のために新体操の強豪国ロシアに渡ります。中学校の卒業式にも出られなかったそうですが、新体操を上手になりたい気持ちや、たくさんの人に演技を見てもらいたい!という、楽しみな気持ちでいっぱいだったそうです。


「絶対夢を叶える」

 最年少で代表に選ばれてからも、様々な試練を迎えますが、「新体操が好き」という気持ちと、「夢を叶える」という強い気持ちを胸に、高校三年生の時にロンドンオリンピック、さらに4年後には、リオデジャネイロオリンピックに連続出場します。

 「感謝の気持ちが演技で伝わるように」と出場したリオオリンピックの舞台は、畠山さんにとって「夢を持って、ずっと頑張ってきてよかったな」と思えた瞬間でした。

 

「好きなことから、夢って見つかると思います。」

 この日の最後、「夢の教室」に参加し、これからさまざまなことに挑戦していく子供たちに、畠山さんからメッセージが伝えられました。

 挑戦して失敗することもあると思う。でも、失敗したほうがいいです。失敗は全然悪いことじゃありません。失敗から学ぶこと、たくさんあります。失敗には、成功するための種がたくさんあるんです。挑戦して、いろいろ挑戦して、自分は何が好きかな?何に興味があるかな?っていうこと、見つけてもらいたいなと思います。

 私は、小学6年生の時に夢をもったからこそ、その夢を胸に、頑張ってくることができました。みんなもぜひいろいろ挑戦して、夢を持って、毎日頑張ってほしいな、と思います!

畠山愛理さん


インタビュー ~挑戦する機会を~

-子どもたちに「いろんなものに挑戦してもらいたい」ということを伝えていただきました。畠山さん御自身はこれからチャレンジしたいことはありますか。

 (いろいろなことを経験した)小学1年生の頃の自分に戻ろうと思って、今はいろんな仕事をさせていただいているところです。すぐポンって思い浮かぶんではなくて、新体操を始める前にもいろいろな体験をした上で新体操を選んで、オリンピックっていう夢に繋がったんですけど、いろいろ経験させていただいた中で見つけていきたいです。

 

-茨城県では、国際社会で活躍できる子どもたちを育成したいと考えています。畠山さんもロシアでの選手生活など、海外で長く生活されていますが、心に残ったことがあれば教えてください。

 ロシアの方は、頑張って日本語をしゃべってくれたり、すごくコミュニケーションをとろうとしてくれるんです。そういう方々にお会いして、すごくうれしかった自分がいたので、子どもたちにもこれは伝えたいんですけど、東京オリンピック・パラリンピックがせっかく東京で開催されて、たくさんの国の方々がいらっしゃるので、頑張って英語でしゃべったり、「この人フランス人かな~?」と思ったら、ちょっと携帯でフランス語を調べたりして。なるべくコミュニケーションをとって、なかなかない機会をぜひみんなに楽しんでもらいたい、世界とのかかわりを感じてもらいたいなと思っています。

 

-子どもたちに、「夢を持つ」ということでたくさんのメッセージを伝えて頂いたと思うのですが、子どもを見守る立場の方にもメッセージをお願いします!

畠山愛理さん

 いろいろ体験できる場とか、いろんなことを挑戦できる機会を子供たちに与えてもらいたいのと、ぜひ子どもたちの声をしっかり聞いて欲しいなって思います。その子に合ったもの、その子がやりたい、興味を持っているもの。それに気づいてあげることがとっても大事かな、と思います。

 


畠山愛理さんのプロフィール

名前 畠山愛理(はたけやまあいり)
生年月日 1994年8月16日
経歴 2012年 ロンドン五輪 団体7位入賞

2016年 リオデジャネイロ五輪 団体8位入賞

 

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 総務課[県庁舎22階]

電話 029-301-5148・5152(調査・広報担当)  FAX 029-301-5139

E-mail kyoikusomu@pref.ibaraki.lg.jp