茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース  > 2022国際親善空手道選手権大会入賞者並びに関係者の教育長表敬訪問

フォトニュース

2022国際親善空手道選手権大会入賞者並びに関係者の教育長表敬訪問

 

 

森作教育長との懇談
▲森作教育長との懇談

 

教育長との記念撮影
▲教育長との記念撮影

 

令和5年1月16日掲載

 

 12月21日(水曜日)、11月に東京体育館で開催された「2022国際親善空手道選手権大会」で入賞した選手が教育長を訪問しました。

 

 「2022国際親善空手道選手権大会」は、選手が日ごろの稽古の成果を試したり、競技を通じて技術交流や国際交流、文化的親睦を深めたりする場として2007年から開催されており、今大会は、国内外から250名の選手が参加し、組手36クラス(高校生以下、年代別・体重別等)に分かれ、トーナメント方式による試合が行われました。

 

 茨城県は、極真会館茨城支部・茨城中央支部(県内17道場)から12名が出場し、大内選手(並木中等教育学校5年)、遠藤選手(古河第二小学校5年)の2名が優勝、柴沼選手(見川中学校2年)、岡野選手(鹿野中学校3年)の2名が準優勝、高橋選手(岡田小学校2年)、齋藤選手(リリーベール小学校5年)、山田選手(古河第一小学校5年)の3名が3位と、計7名の選手が入賞しました。

 

 16・17歳男子-60kg級で優勝した大内選手は、「優勝できてうれしいです。今後は、一般のクラスで通用する選手を目指します」と試合の感想と今後の目標を述べました。

 

 森作教育長は、選手たちの健闘をたたえ、「それぞれの目標に向けてがんばってほしい」とエールを送りました。

 

 選手たちの今後の活躍を期待します。

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 

茨城県教育庁 学校教育部 保健体育課[県庁舎23階]

電話 029-301-5361(競技スポーツ担当)  FAX 029-301-5369

E-mail hotai4@pref.ibaraki.lg.jp