茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース   > プログラミング・エキスパート育成事業AI人材育成業務の特別研修会を開催

フォトニュース

プログラミング・エキスパート育成事業AI人材育成業務の特別研修会を開催

 

 

特別研修会開始前 (正面が鈴木教授)
▲特別研修会開始前 (正面が鈴木教授)

 

特別研修会
▲特別研修会

 

研修会のスライドの一部
▲研修会のスライドの一部

 

令和4年3月9日掲載

 

 3月6日(日曜日)、プログラミング・エキスパート育成事業のAI人材育成業務の特別研修会を開催しました。

 

 今回の研修は、「Python(パイソン)を利用した高校生がわかる金融工学と統計学」をテーマに、茨城大学工学部の鈴木智也教授を講師としてお招きして、茨城大学水戸駅南サテライトキャンパスで実施しました。

 

 研修会には、プログラミング・エキスパート育成事業AI人材育成業務で、半年間、プログラミング言語「Python」を学習してきた高校生14名と中学生1名の計15名が参加しました。

 

 講義は、初めに金融工学や統計学で使用する用語の説明や、分散投資(ポートフォリオ運用)についてわかりやすい説明がありました。その後、生徒達は株価データをPythonで分析し、実際に株式ポートフォリオを制作、TOPIXなどと比較検証することで、金融機関の資産運用業務の一端を体験しました。

 

 参加した生徒からは、「プログラミングを活用して、資産運用ができることを知りました。これからもプログラミングをさらに勉強して、社会でどんなことに応用できるか考えていきたいと思います」「株や資産運用なんて、全く知らない世界の話でしたが、リスク・リターンについてはっきりと理解でき、またPythonを使うことで、自分で最適ポートフォリオやアクティブ運用が導出できた貴重な体験となりました」などの感想があり、

生徒たちは大変興味をもった様子で、研修会後も多数の質問が講師に寄せられていました。

 

 茨城県の多くの高校生がプログラミングを学習することで、さまざまな問題を解決に導いて社会に貢献できる人材に成長することを期待しています。

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 学校教育部 高校教育課[県庁舎22階]

電話 029-301-5260(指導担当)  FAX 029-301-5269

E-mail kokyo@pref.ibaraki.lg.jp