茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース  > 県立明野高校「県立協和特別支援学校との学校間交流」

フォトニュース

県立明野高校「県立協和特別支援学校との学校間交流」

 

 

始めの会
▲始めの会

 

グループ別自己紹介
▲グループ別自己紹介

 

ボッチャを楽しむ生徒たち
▲ボッチャを楽しむ生徒たち

 

令和4年1月13日掲載

 

 12月20日(月曜日)、明野高校1・2年生の希望者が、協和特別支援学校を訪れ、学校間交流を行いました。

 

 協和特別支援学校との交流は10年以上前から毎年行っています。他校の高校生と交流を行うことにより生徒の生活体験を広め社会性を養うとともに、好ましい人間関係を育てることが目的です。また、障害のある生徒への理解と認識を深めることもねらいのひとつです。

 

 まず、協和特別支援学校の生徒を中心に「始めの会」が開かれ、その後、3つの班に分かれて自己紹介を行い、そのままグループ対抗のボッチャ大会を行いました。ボッチャとは、老若男女、障がいのあるなしにかかわらず、すべての人が一緒に競い合えるスポーツで、パラリンピックの競技種目にもなっています。生徒たちは学校や学年関係なく、応援や協力をし合う場面が見られました。

 

 次に、ドローン体験を行いました。コントローラーでドローンを操縦し、障害物を避けたり、ゴールの輪へ通したりしました。ほとんどの生徒が初めてのドローン操作でしたが、時に教え合いながら和気あいあいとした雰囲気の中体験ができました。

 

 「終わりの会」終了後、別れ際には各校の生徒が別れを惜しみ、手を振り合っていました。


 生徒達からは、「世の中には様々な個性を持った人がいるので、それをきちんと理解して接していった方がいいと思いました」「最初は緊張したけれど、話していくうちにだんだんと緊張がほぐれて沢山話すことができました」「同じ高校生のみんなとボッチャを楽しめて嬉しかったです」などの声がありました。

内容に関するお問い合わせ
学校名 明野高校
連絡先 0296-52-3121

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 学校教育部 高校教育課[県庁舎22階]

電話 029-301-5260(指導担当)  FAX 029-301-5269

E-mail kokyo@pref.ibaraki.lg.jp