茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース  > 県埋蔵文化財センター「坂東市立神大実小学校で出前授業」

フォトニュース

県埋蔵文化財センター「坂東市立神大実小学校で出前授業」

 

 

縄文土器を持つ
▲縄文土器を持つ

 

注口土器(縄文時代)を持つ
▲注口土器(縄文時代)を持つ

 

弥生土器に触れる
▲弥生土器に触れる

 

令和4年1月11日掲載

 

 12月14日(火曜日)、県埋蔵文化財センターが、坂東市立神大実小学校6年生34名を対象に、出前授業を行いました。

 

 子どもたちは、職員からの縄文・弥生土器の形、文様の違いや当時の生活の様子等の説明を真剣に聞いていました。

 

 授業後、子どもたちからは、「縄文土器の文様がかっこよかった」「縄文時代は1万年以上続いたので、すごく長いなと思った」という感想がありました。

 

 続いて行った勾玉づくりでは、「一番大きな勾玉はどれくらいの大きさですか」という質問もでました。完成した勾玉をみて、子どもたちからは「疲れたけどとても楽しかった」「次は先のとがった勾玉をつくりたい」という声を聞きました。終始明るく素直な子どもたちでした。

 

 

  勾玉づくり 鉄やすりで削る

  ▲勾玉づくり 鉄やすりで削る

 

 仕上げは好みの色に染めて、完成!

 ▲仕上げは好みの色に染めて、完成!

 

お問い合わせ

〒311-4325 茨城県東茨城郡城里町北方1481 茨城県埋蔵文化財センター

電話 029-289-3300  FAX 029-289-4545

E-mail isekipia@pref.ibaraki.lg.jp