茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース  > 県立小瀬高校「花育体験教室」実施

フォトニュース

県立小瀬高校「花育体験教室」実施

 

 

いばらきの花振興協議会の斎藤さん
▲いばらきの花振興協議会の斎藤さん

 

思い思いに花を差す生徒たち
▲思い思いに花を差す生徒たち

 

生徒が制作したフラワーアレンジメント
▲生徒が制作したフラワーアレンジメント

 

令和3年11月25日掲載

 

 11月10日(水曜日)、小瀬高校で1・2年生を対象に、「花育体験教室」を実施しました。この体験教室は、茨城県産の花を用いた花育体験を通して生徒たちが花や緑とふれあい、親しみを持つ機会とすることに加え、県産花きの生産復興と消費拡大につなげることが目的です。

 

 講師として、いばらきの花振興協議会の斎藤さつきさん、常陸太田市の花き生産者である大内広明さん、日本フラワーデザイナー協会の青木恵美さんの他、3名のスタッフをお迎えしました。

 

 体験教室では、キャンドルを添えたフラワーアレンジメント作りに挑戦しました。講師の方々にご指導いただきながら、ヒバやユーカリで土台を囲み、カーネーション、バラといった花々を入れてキャンドルを華やかに飾ることができました。

 

 フラワーアレンジメントは、ほとんどの生徒が初めての体験でしたが、それぞれが自分の感性に従って自由に花を挿し、個性を生かした作品を制作していました。完成した作品はそれぞれの自宅に持ち帰り、保護者の方からの感想もいただきました。

 

 参加した生徒からは、「上、横、斜めなど様々な角度からみてバランスよく整えるのが難しかったが、どうすればより綺麗になるか考えていくのが楽しかった」「最初にイメージしていたようにはうまくできなかったが、家に持ち帰って両親や兄弟に褒めてもらえたので嬉しかった」「これまで花やフラワーアレンジメントにあまり興味を持っていなかったが、今回の体験を通して花の美しさを知ることができた。これからは花に触れる機会を作っていきたい」といった感想が寄せられました。

 

 また、保護者の方からは「フラワーアレンジメントを飾ることで家が華やかになった」「花とのふれあいを通した親子のコミュニケーションづくりとして子どもと一緒に体験してみたい」といったご意見をいただきました。

 

 小瀬高校では、様々な活動を通して、地域と連携を図りながら学びを深め、将来にわたって主体的に生きていくための学力(小瀬型学力)の育成に努めています。

内容に関するお問い合わせ
学校名 小瀬高校
連絡先 0295-56-2204

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 学校教育部 高校教育課[県庁舎22階]

電話 029-301-5260(指導担当)  FAX 029-301-5269

E-mail kokyo@pref.ibaraki.lg.jp