茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース   > 福祉系高校が高校生介護技術コンテストを開催

フォトニュース

福祉系高校が高校生介護技術コンテストを開催

 

 

生徒が司会を務めました
▲生徒が司会を務めました

 

リモートでの発表「ベッドメイキング部門」
▲リモートでの発表「ベッドメイキング部門」

 

リモートでの発表「介護技術コンテスト部門」
▲リモートでの発表「介護技術コンテスト部門」

 

令和3年10月12日掲載

 

 10月5日(火曜日)、古河第二高校を会場に、第一回茨城県高校生介護技術コンテストを開催し、県内の福祉系高校6校(高萩清松高・大子清流高・鉾田二高・江戸崎総合高・八千代高・古河二高)が参加しました。全国の福祉系高校が取り組んでいるコンテストで、茨城県では初めての実施となりました。

 

 このコンテストは、福祉を学んでいる生徒が介護技術を競い合うことで技術を高め、様々な介護場面において、安心・安全で、介護を利用する方に合った適切な支援ができるようにすることを目的としています。また、本来、参集型の開催ですが、コロナ禍においても、「生徒の学びを止めない」取組みとして、リモートで開催しました。

 

 コンテストでは、「ベッドメイキング部門」と関東大会につながる「介護技術コンテスト部門」に分かれて技術を競い合い、生徒たちは学びを深めることができました。

 

 参加した生徒からは、 「介護支援に関する難しい課題にチームの仲間と協力して、取り組むことができました。県内の他校の様子も知ることができ、多くのことを学べて、とても有意義でした」と話し、司会を務めた生徒は、「とても緊張しましたが、大会に関わることこができて、やりがいを感じました」などの感想がありました。

内容に関するお問い合わせ
学校名 古河第二高校
連絡先 0280-32-0444

 

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 学校教育部 高校教育課[県庁舎22階]

電話 029-301-5260(指導担当)  FAX 029-301-5269

E-mail kokyo@pref.ibaraki.lg.jp