茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース   > 県立八千代高校「オンラインで赤ちゃんについて学ぶ」

フォトニュース

県立八千代高校「オンラインで赤ちゃんについて学ぶ」

 

 

オンラインで、生後10日目の赤ちゃんが登場
▲オンラインで、生後10日目の赤ちゃんが登場

 

教員、生徒は在宅でも授業を実施
▲教員、生徒は在宅でも授業を実施

 

赤ちゃんの掌の大きさを成人と比較
▲赤ちゃんの掌の大きさを成人と比較

 

令和3年10月11日掲載

 

 9月28日(火曜日)、八千代高校1年次生が、「家庭基礎」の授業として、オンラインで赤ちゃんについて学びました。これは、コロナ禍で、学校で実際の赤ちゃんに接することが難しいことから、家庭科教員が親族の生後10日目となる赤ちゃんの様子をカメラで映し出し、解説を加えるとともに、在宅学習する生徒からの質問に答える形式で実施したものです。

 

 まず初めに、誕生から10日間の赤ちゃんの様子が語られました。昼夜を問わずほとんど眠っていることや、夜中でも数時間おきに授乳が必要なことなどについて説明すると、生徒たちからは「大変だ」との感想がありました。次に、赤ちゃんの身体の大きさを成人と比較しました。赤ちゃんの掌が成人の親指程度の大きさであることや、足の裏があまりに小さいことがわかると、「ちっちゃくて、かわいい」などの驚きの声があがりました。生徒からは、排泄などについての質問もあり、教員や赤ちゃんの母親が形状やにおいなどについて、具体的に答えていました。

 

 参加した生徒からは、「赤ちゃんが小さくあくびをしたり、手足を動かす様子がライブで伝わってきて、一緒の空間にいるように感じました」「生まれたばかりの赤ちゃんの様子がどのようなものか知ることができ、大いに勉強になりました」「赤ちゃんの世話がいかに大変か、少しわかった気がします」などの声がありました。

 

  登校していた他年次生も興味津々で視聴

  ▲登校していた他年次生も興味津々で視聴

内容に関するお問い合わせ
学校名 八千代高校
連絡先 0296-48-1836

 

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 学校教育部 高校教育課[県庁舎22階]

電話 029-301-5260(指導担当)  FAX 029-301-5269

E-mail kokyo@pref.ibaraki.lg.jp