茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース  > 県立並木中等教育学校「SSHサイエンスカフェ『薬の開発者と語ろう!~薬の開発者ってどんな仕事?!~』」

フォトニュース

県立並木中等教育学校「SSHサイエンスカフェ『薬の開発者と語ろう!~薬の開発者ってどんな仕事?!~』」

 

 

講演中のスクリーンショット1
▲講演中のスクリーンショット1

 

講演中のスクリーンショット2
▲講演中のスクリーンショット2

 

講師の川西英治先生
▲講師の川西英治先生

 

令和3年10月11日掲載

 

 9月24日(金曜日)、並木中等教育学校が、「SSHサイエンスカフェ~薬の開発者と語ろう~薬の開発者ってどんな仕事?!~」と題してZoomによるオンラインを実施し、希望者35名が参加しました。

 

 講師は、(株)田辺三菱製薬の研究開発者で九州大学薬学部でも教鞭をとっている川西英治先生にお願いしました。前半は、川西先生から「薬はどうやって開発されるのか」「新型コロナウイルス薬の開発」「薬の開発者の1日」「薬学部ではどんなことを学ぶのか」などのお話を聞きました。後半は、質問コーナーで川西先生に生徒からたくさんの質問をしました。

 

 参加した生徒からは、「これまでは創薬や研究所のイメージ、薬剤師の仕事内容など薬が自分たちの手元に届くまでのプロセスがあまり想像できなかったが、創薬の道のりや大学での学びを知ったことで自分の進路の選択肢が増えたと思う。特に国家資格であり労働環境も柔軟であるという薬剤師の職業の魅力を教えていただいたことで、以前とは見方が大きく変わった。また一つの新しい薬が完成するまでに莫大なお金と時間を要することを知り、処方される薬のありがたみを切に感じた」との感想がありました。

 

内容に関するお問い合わせ
学校名 並木中等教育学校
連絡先 029-851-1346

 

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 学校教育部 高校教育課[県庁舎22階]

電話 029-301-5260(指導担当)  FAX 029-301-5269

E-mail kokyo@pref.ibaraki.lg.jp