茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース  > 県立並木中等教育学校「4年次国際教育講演会」

フォトニュース

県立並木中等教育学校「4年次国際教育講演会」

 

 

講師のフォエズ・シャー博士
▲講師のフォエズ・シャー博士

 

講演中のスクリーンショット
▲講演中のスクリーンショット

 

質疑応答の様子
▲質疑応答の様子

 

令和3年10月11日掲載

 

 9月24日(金曜日)、並木中等教育学校が、「4年次国際教育講演会」を実施しました。コロナウイルス感染症対策による分散登校期間中のため、生徒はオンラインにて各家庭からの聴講となりました。

 

 講師は、フォエズ・シャー博士(セントラルクイーンズランド大学の工学技術学部講師。専門防災管理)です。内容は、①日本の災害危機管理について②日本と諸外国の教育制度③文理選択のヒント④グローバル人材になるために必要なことを講演していただきました。

 

 筑波大学で博士研究員であった2011年にご自身も東日本大震災経験し、その後の調査や支援活動に基づく防災の話は、令和2年度の研修旅行で東北の被災地を訪れていた4年次の生徒達にとって、大変意味深いものとなりました。また、バングラディシュ出身のフォエズ博士が、日本、アメリカ合衆国、サウジアラビア、ハンガリー、オーストラリアなどの各国で活躍されてきた経歴から、日本の教育制度の長所、グローバル人材になるために心がけることなどアドバイスをいただきました。


 最後の質疑応答や生徒謝辞では、数名の生徒が、英語でコミュニケーションをとり、回答も全員で共有できました。講義は英語で行われましたが、フォエズ博士の温かいお人柄と日本への親愛の気持ちがあふれた講演でした。

 

 講演後の生徒たちは、「東日本大震災は海外でも注目されていると知って感動しました」「自分のやりたいことを見つけるには、講義で聞いたように、why?(なぜそうするのか)という自分の問いを見つけることが最初なんだと納得した」「英語で理解することが難しかったが、友達の英語力や発言内容に感動した」などの感想が寄せられました。

内容に関するお問い合わせ
学校名 並木中等教育学校
連絡先 029-851-1346

 

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 学校教育部 高校教育課[県庁舎22階]

電話 029-301-5260(指導担当)  FAX 029-301-5269

E-mail kokyo@pref.ibaraki.lg.jp