茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース   > 県立真壁高校「農業研究部が販売実習」

フォトニュース

県立真壁高校「農業研究部が販売実習」

 

 

販売実習前に豆腐の製造についてレクチャー
▲販売実習前に豆腐の製造についてレクチャー

 

青御前を使った豆腐や厚揚げなど
▲青御前を使った豆腐や厚揚げなど

 

豆腐の売り場で接客する生徒
▲豆腐の売り場で接客する生徒

 

令和3年8月3日掲載

 

 7月11日(日曜日)、真壁高校農業研究部が、販売実習を行いました。

 

 真壁高校農業科では、ソバ、米、大豆、野菜などの自校で生産した農作物を地域のお店と連携して、加工・販売をしています。今回は、農薬を極力使わずに生産した大豆(品種:青御前)をつくば市の豆腐店へ納品して豆腐や厚揚げに加工した商品を小売店へ卸して販売を行います。

 

 小売店の一つであるつくば市の農産物直売所で、農業研究部の2、3年生が店頭で販売実習を行いました。経験不足から不慣れな点も見られましたが、事前に自校で栽培した大豆を使った豆腐と、通常の豆腐を試食し、豆腐店の方から豆腐の製造方法をレクチャーしていただいたので、味の違いなどを丁寧に説明することができました。

 

 また、直売所で売られている他の商品の価格なども調べ、農業の6次産業化(栽培・加工・流通)という課題について、「どうすればより良い作物を生産できるのか」と考えるよい機会となりました。

 

 実習を行った生徒からは、「『真壁高校の生徒さんですか?』とお客様から話しかけられましたが、上手く説明できず反省しました。しかし、私たちが栽培した農産物から製造した商品が注目されていることはとてもうれしかったです。また、今回販売に協力していただいたお店の商品は、ほとんどが真壁高校で生産販売している品物よりも価格が高いことに驚きましたが、社長の『より良い農作物を適正価格で販売し、農家を育てる』という言葉にとても感激しました」と感想がありました。

内容に関するお問い合わせ
学校名 真壁高校
連絡先 0296-55-3715

 

 

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 学校教育部 高校教育課[県庁舎22階]

電話 029-301-5260(指導担当)  FAX 029-301-5269

E-mail kokyo@pref.ibaraki.lg.jp