茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース  > 県立大子特別支援学校「地元りんごの木の枝を使った染色体験」

フォトニュース

県立大子特別支援学校「地元りんごの木の枝を使った染色体験」

 

 

染め方の説明をする講師
▲染め方の説明をする講師

 

布を染色液に浸しよくもみこむ生徒
▲布を染色液に浸しよくもみこむ生徒

 

ビー玉とゴムを使って模様付けした布を液に浸す生徒
▲ビー玉とゴムを使って模様付けした布を液に浸す生徒

 

令和3年7月27日掲載

 

 7月16日(金曜日)、大子特別支援学校で中学部生徒が、染色クリエイター フタシバ 関さんご夫婦の指導を受け、染色体験をしました。

 

 関さんご夫婦は、令和2年「大地の力 コンペ未来創造賞」を受賞し、茨城の農作物を使い環境を大切にした草木染めの活動をされています。

 

 今回は、定番でよく使用するという大子町りんご園の木の枝を使って体験しました。

 

 校内にりんごの木があり、摘果などの世話をしているため、生徒にとっては身近なりんご。生徒達は染色できることに驚き、「畑で育てている里芋の葉っぱでも染められますか?」と質問したり、染色液のにおいに「薬みたい」とつぶやいたりしていました。

 

 体験では、染める布にビー玉やゴムを巻き付けて模様付けをしました。皆、それぞれの模様に染め上がり、「楽しかった」「またやってみたい」「これでマスクやバック作りたい」などの感想がありました。


 今回の染色体験をもとに、中学部の作業学習では、校内のりんごの木の枝を使って染色した製品を作る計画を立てています。生徒の作ってみたい思いを製品作りに生かします。

 

 染め上がった作品と一緒に、みんなで記念撮影

 ▲染め上がった作品と一緒に、みんなで記念撮影

内容に関するお問い合わせ
学校名 大子特別支援学校
連絡先 0295-74-1444

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 特別支援教育課[県庁舎22階]

電話 029-301-5280(指導担当)  FAX 029-301-5289

E-mail tokukyo2@pref.ibaraki.lg.jp