茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース  > 県北生涯学習センター現代的課題対策講座「コロナとどう向き合っていくべきか?」

フォトニュース

県北生涯学習センター現代的課題対策講座「コロナとどう向き合っていくべきか?」

 

 

遠隔心理支援の取り組みと課題國見充展先生(6/2)
▲遠隔心理支援の取り組みと課題國見充展先生(6/2)

 

「ニューノーマルを力に」望月珠美先生(6/9)
▲「ニューノーマルを力に」望月珠美先生(6/9)

 

「見えないものは人を不安にする」渡邉孝憲先生(6/18)
▲「見えないものは人を不安にする」渡邉孝憲先生(6/18)

 

「コロナ禍の臨床心理学」岩﨑 眞和先生(6/25)
▲「コロナ禍の臨床心理学」岩﨑 眞和先生(6/25)

 

令和3年7月21日掲載

 

 6月2日・9日(水曜日)・18日・25日・7月2日(金曜日)、県北生涯学習センターが、現代的課題対策講座「コロナとどう向き合っていくべきか?」を実施しました。この講座は令和2年度新たに始まった現代的課題対策講座の一つとして開催したものです。

 

 茨城キリスト教大学キャンパスで、連携講座として開催しました。他会場での実施でもあり、参加人数を制限し、消毒、検温等の新型コロナウィルス感染症対策により注意しながらの実施となりました。

 

 この講座は、心理学の分野で5人の研究者のそれぞれの視点から講義が聞け、久しぶりの対面講義に講師も受講生も大変満足してました。

 

 受講生からは、「時宜に合っていて考えさせられた」「コロナと向き合うというテーマが心理学と深くつながっていることを実感した」「自然体が一番であることを認識。安全と安心を改めて考える機会となった」「日常生活の中では考える事のない内容であり、刺激になった」等の感想をいただきました。

 

 ワクチン接種が完了していない中、この講座が心のワクチンとなったなら大変嬉しいです。

 

 

  「曖昧なものとのつき合い方」青木万里先生(7/2)

  ▲「曖昧なものとのつき合い方」青木万里先生(7/2)

 

内容に関するお問い合わせ
施設名 県北生涯学習センター
連絡先 0294-39-0012

 

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 生涯学習課[県庁舎21階]

電話 029-301-5322(学習支援担当)  FAX 029-301-5339

E-mail shogaku2@pref.ibaraki.lg.jp