茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース  > 県立茎崎高校 茎崎地区における小中高大連携の試み【第2弾】企業が行う地域創生の協力についての講演会「ベンチャー企業から地方創生に向けて」

フォトニュース

県立茎崎高校 茎崎地区における小中高大連携の試み【第2弾】企業が行う地域創生の協力についての講演会「ベンチャー企業から地方創生に向けて」

 

 

つくば市立茎崎中の様子
▲つくば市立茎崎中の様子

 

つくば市立茎崎第三小学校の様子
▲つくば市立茎崎第三小学校の様子

 

つくば市立茎崎第三小の様子
▲チラシ

 

令和3年7月15日掲載

 

 7月2日(金曜日)、茎崎地区における小中高大連携の試み【第2弾】として、企業が行う地域創生の協力についての講演会「ベンチャー企業から地方創生に向けて」をリモートで開催し、茎崎地区の学校(茎崎中、高崎中、茎崎一小、茎崎二小、茎崎三小)へ配信しました。

 

 今回も地域創生の人材育成を基本軸とした講義ですが、第1回の全般的な概要から、企業の立場に立った地域創生の考え方を学ぶことにあります。


 参加した児童生徒によるアンケート記述には、「街づくりについてもっと知りたくなった」や「地域を活性化させるために自分から行動することが大切」「町づくりは誰でも関われる」「みんなで協力すれば世界を変えることができると思った」「私は絵を描くことが好きなのですが、絵を使って地域のために作れるものはないかなと思いました」「まちづくりなどをするには、想像力、創造力、発想力が必要だと思いました」などのまちづくりに積極的な記述や、「一つのアイディアで色々な便利なものが作れるのは面白いなと思いました」や「小学生の時でも発明ができると聞いたのでやってみようと思った」「発想量を高める事が大事だと思った」「知識より知恵が必要だと言っていたので頭を柔らかくしようと思った」「目の前のものを製品の特徴にする発想がすごいと思った」「逆の発想考えてみようと思いました」などの意欲を高揚された記述が多くありました。

 

 大学、高校、中学、小学の連携による試みは、「地域創生の人材育成」を共通テーマとして、今後は、地域の方や民間企業の協力いただき、小中高大民地域の連携を更に進める試みを行っていきます。

 

【今後の展開】

  • 「ビックデータを活用した地域創生のアプローチ」各学校へ出前授業
  • 学校で扱う教材を題材とした地域創生の可能性
    ~『ザリガニ』を題材とした環境教育と地域創生の資源~
  • 地域創生アイディア構想発表会
  • 縦割りグループでの学習
  • 企画発表会(縦割りグループでの発表)
  • 事業化への協力
内容に関するお問い合わせ
学校名 茎崎高校
連絡先 029-876-3778

 

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 学校教育部 高校教育課[県庁舎22階]

電話 029-301-5260(指導担当)  FAX 029-301-5269

E-mail kokyo@pref.ibaraki.lg.jp