茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース  > 県立小瀬高校「未来創生学」

フォトニュース

県立小瀬高校「未来創生学」

 

 

特別講義中の内桶二郎校長
▲特別講義中の内桶二郎校長

 

数学実験に関心を持って見つめる生徒
▲数学実験に関心を持って見つめる生徒

 

令和3年6月2日掲載

 

 5月20日(木曜日)、小瀬高校で、探究科目「未来創生学」の時間に、内桶二郎校長による特別講義を行いました。この科目は、生徒が身近にある様々な課題に興味・関心を持ち、解決策を模索する中で、体験などを通して人生に必要な力を培うことを目標として令和3年度から始まったものです。

 

 はじめに、学習資料集「ふるさと緒川流域」を使って、地元の良さを再発見しながら、探究のテーマ設定についての講義を行いました。地元の緒川の水質や貴重な生物である清流に住むカジカやサンショウウオ、ヒメボタルが生息する豊かな地元の自然環境についての紹介がありました。次に、明治時代の地租改正に起きた小瀬(那珂)一揆など地元の歴史についても学びました。最後に、「シャボン膜を使って「等周問題」や「最短シュタイナー問題」の数学実験を行い、生徒が自分で最短距離を考察し、検証しつつ、さらに頂点を増やして考えるなど楽しみながら探究活動を行いました。

 

 生徒からは「自然豊かだと知っていたけれど、絶滅危惧種などもいる素晴らしい地域だと改めて思った」「時代は違えども、地域の仲間を思い、地域のために一揆を起こした人達の熱い気持ちを知ることができた」「歴史上の人物の中に同姓の人がいて、自分の家と繋がりがあるのかもしれないと思い興味が湧いた」「実験が面白かった。自分の考えと違っていたが、実際に最短距離を見ることができてよくわかった」など地元の良さを見直すと同時に、探究のテーマとしての新しい発見がたくさんありました。

 

 「未来創生学」では、今後も地域の人財、産業を積極的に活用させていただき、探究する意識をもって学びを深めていきます。

 

 小瀬高校では、様々な活動を通して、地域と連携を図りながら学びを深め、将来にわたって主体的に生きていくための学力(小瀬型学力)の育成に努めています。

内容に関するお問い合わせ
学校名 小瀬高校
連絡先 0295-56-2204

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 学校教育部 高校教育課[県庁舎22階]

電話 029-301-5260(指導担当)  FAX 029-301-5269

E-mail kokyo@pref.ibaraki.lg.jp