茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース  > 鷲田るみさん・鷲田美加さんより、著書「JK、外国人の彼氏から♯本日の日本を気づかされる。」を寄贈

フォトニュース

鷲田るみさん・鷲田美加さんより、著書「JK、外国人の彼氏から♯本日の日本を気づかされる。」を寄贈

 

 

小泉教育長への贈呈
▲小泉教育長への贈呈

 

記念撮影(左から鷲田美加さん、中林まどかさん、小泉教育長、鷲田るみさん)
▲記念撮影(左から鷲田美加さん、中林まどかさん、小泉教育長、鷲田るみさん)

 

懇談
▲懇談

 

令和3年5月11日掲載

 

 5月6日(木曜日)、江戸川学園取手高校の3年生で会社経営者である鷲田るみさんと、元つくば市教育委員で会社経営者である鷲田美加さんから、著書「JK、外国人の彼氏から♯本日の日本を気づかされる。」を、茨城県の全ての県立高校等、私立高校等に寄贈していただくことになり、県庁舎22階の教育長室で寄贈式が行われました。

 

 鷲田るみさんは、県教育委員会の事業である、「茨城県次世代グローバルリーダー育成プログラム」の1期生であり、「世界中に日本が大好きな人を増やす」という目標に向かい、学業、会社経営を両立されています。

 

 鷲田美加さんは、子育てNPOの代表理事、つくば市教育委員、茨城県高等学校PTA連合会会長を歴任後に起業されました。教育事業、ビジネスコンサルティング、プロモーション制作に携わる傍ら、講演やラジオパーソナリティーの活動も行われています。

 

 また、寄贈式には、寄贈いただいた本の漫画を担当された中林まどかさんも参加してくださいました。中林さんは、元つくば市職員で、漫画家・イラストレーターをされています。

 

 茨城県教育委員会の小泉元伸教育長との懇談では、るみさんと美加さんのそれぞれが起業に至るまでの道のりや、どのように本を作り上げていったかなど、様々なことが話題に上りました。

 

 今回寄贈していただいた「JK、外国人の彼氏から♯本日の日本を気づかされる。」は、高校生であるみかさんの視点を生かし、漫画と文章を組み合わせてストーリー仕立てでわかりやすく日本の魅力を伝える本です。今回の寄贈により、各学校の学校図書館でいつでも読めるようになります。生徒たちが本書から日本の魅力を再認識し、積極的に発信できるようになることを期待します。


お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 学校教育部 高校教育課[県庁舎22階]

電話 029-301-5260(指導担当)  FAX 029-301-5269

E-mail kokyo@pref.ibaraki.lg.jp