茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース  > 優れた「早寝早起き朝ごはん」運動の推進にかかる文部科学大臣表彰

フォトニュース

優れた「早寝早起き朝ごはん」運動の推進にかかる文部科学大臣表彰

 

 

黒田光浩校長と小泉元伸教育長
▲黒田光浩校長と小泉元伸教育長

 

原田純一校長と小泉元伸教育長
▲原田純一校長と小泉元伸教育長

 

令和3年4月9日掲載

 

 3月25日(木曜日)、県庁で、基本的な生活習慣の維持・向上、定着を図る「早寝早起き朝ごはん」運動で優れた活動を展開したとして、結城市立結城南中学校(黒田光浩校長)と鹿嶋市立鹿野中学校(原田純一校長)の文部科学大臣表彰が決定し、小泉元伸教育長より表彰状が伝達されました。

 

 結城南中学校では、「食育・生活習慣改善プロジェクト」のもと、保健だよりや食育だより等の資料による啓発や専門家を招いての食育講演会を実施することにより、朝食を食べる生徒の割合が大幅に向上しました。また、食事と睡眠の関係性について、科学的な根拠に基づいた知識の定着を図ったことで、質の良い睡眠をとる生徒の割合が増えました。

 

 鹿野中学校では、「よく寝て元気!鹿野中生、リフレッシュ大作戦!」のもと、生活習慣記録カードの活用、「睡眠」「食事」「運動」に関する講演会や演習等により、睡眠の大切さや生活習慣を整える大切さを実感することができました。就寝時刻が24時以降の生徒の割合が減少し、6時半までに起床する生徒の割合が増え、日中の眠気や寝つきについても改善されてきました。

 

 表彰状を手に、結城南中学校の黒田校長は、「朝食の摂取率が100%近くになり規則正しい生活や学力につながっている」、鹿野中学校の原田校長は、「(コロナ禍の)休校で不規則になった生活習慣をより良くすることができた」などと成果について話していました。

 

 伝達後、小泉教育長から「活動の継続が大切」とのエールが送られました。


お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 

茨城県教育庁 総務企画部生涯学習課 就学前教育・家庭教育推進室[県庁舎21階]

電話 029-301-5132  FAX 029-301-5339

E-mail shugaku@pref.ibaraki.lg.jp