茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース  > いばらき教員応援団へ感謝状贈呈

フォトニュース

いばらき教員応援団へ感謝状贈呈

 

 

教育長が感謝状読み上げ
▲教育長が感謝状読み上げ

 

教育長による感謝状贈呈
▲教育長による感謝状贈呈

 

関係者で記念撮影
▲関係者で記念撮影

 

令和3年4月9日掲載

 

 3月30日(火曜日)、10年間にわたり、民間有志による教員研修の取組を行ってきた「いばらき教員応援団」に対して、教育長から感謝状の贈呈が実施されました。

 

 「いばらき教員応援団」は、平成22年に設立され、これまで、新任校長、新任教頭、新任教務主任等に対し、教員の琴線に触れ、魂をゆさぶるような講演会を開催することで、教員の総合的な人間力を高め、本県教育の発展に貢献してきました。

 

 設立から10年を経て、応援団の設立者であり、理事長として中心となって運営を担ってきた、タカノフーズ株式会社取締役会長高野英一氏、専務理事の打越芳男氏、理事兼事務局長の石原道明氏が第一線を退かれるに当たり、これまでの功績に対して、教育長から「10年間にわたり、教員が同業者ではない異業種の方から話を聞ける貴重な機会を提供していただいた」と感謝の言葉が伝えられました。

 

 教員応援団を引退される役員の方からは、「令和2年度は、コロナ禍で計画通り研修会が運営できなかった。令和3年度から、新しい運営体制のもとで、オンラインなど新しい形を取り入れながら、教員が日本を代表する講師方の話を聞き、自分の職業に改めて情熱をもってもらうことができるような取組を続けていきたい」と、今後も茨城県の教員を応援していくという熱い思いが語られました。

 

 

  いばらき教員応援団への思いを語る

  ▲いばらき教員応援団への思いを語る

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 学校教育部 高校教育課[県庁舎22階]

電話 029-301-5260(指導担当)  FAX 029-301-5269

E-mail kokyo@pref.ibaraki.lg.jp