茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース  > 県立竜ヶ崎第二高校「龍ケ崎市公共交通フォーラムに参加」

フォトニュース

県立竜ヶ崎第二高校「龍ケ崎市公共交通フォーラムに参加」

 

 

約40名がフォーラムに参加しました
▲約40名がフォーラムに参加しました

 

パネリストとして意見を述べる生徒
▲パネリストとして意見を述べる生徒

 

一般参加の生徒も熱心に聞いていました
▲一般参加の生徒も熱心に聞いていました

 

竜ヶ崎二高のボランティアスタッフ
▲記念写真

 

令和3年3月25日掲載

 

 3月21日(日曜日)、竜ヶ崎第二高校の教諭と生徒9名が、龍ケ崎市地域公共交通活性化協議会主催の公共交通フォーラム「ふるさとの公共交通を考える」に参加しました。

 

 今回のフォーラムでは、竜ヶ崎二高の参加者は、利用者の立場からパネリストとして発表を行いました。第1部では、龍ケ崎市の公共交通を運営している龍ケ崎市役所の取り組みが、続いて、関東鉄道の鉄道部門・自動車部門の責任者にからコロナ禍で利用者数が大幅に減少している現状が報告されました。いずれも、新型コロナウイルスの影響により、利用者が大幅に減少しており、業績回復に向けて試行錯誤しているとのことでした。

 

 竜ヶ崎第二高校は、利用者の視点で公共交通をどのように考え活性化を図っていくべきか意見を求められ、小野威人教諭が前任校である竜ヶ崎一高と竜ヶ崎二高での取り組みを発表しました。発表では、関東鉄道竜ヶ崎線の歴史を調べ展示会で披露する事例を取り上げ、地域の高校生が地域の公共交通機関の利用を呼びかけることで、公共交通機関の利用を喚起することができるのではないかと意見を述べました。

 

 第2部では、第1部での問題提起を踏まえて、関東鉄道を支援する任意団体から、公共交通機関の活性化の方策についていくつかの提案がありました。

 

 その後の質疑応答では、竜ヶ崎二高の生徒から「地域の鉄道を大切にしていく必要性を感じた。120年続く鉄道を大切にしたい」という感想が述べられる一方で、「通学時の鉄道の増便をお願いしたい」等の要望がでるなど活発な意見交換が行われました。

 

内容に関するお問い合わせ
学校名 竜ヶ崎第二高校
連絡先 0297-62-3078

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 学校教育部 高校教育課[県庁舎22階]

電話 029-301-5260(指導担当)  FAX 029-301-5269

E-mail kokyo@pref.ibaraki.lg.jp