茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース  > IBARAKIドリーム・パス事業 プレゼンテーション大会「IBARAKIドリーム★パスAWARD」を開催

フォトニュース

IBARAKIドリーム・パス事業 プレゼンテーション大会「IBARAKIドリーム★パスAWARD」を開催

 

 

プレゼンテーション(日立第一高等学校)
▲プレゼンテーション(日立第一高等学校)

 

ポスターセッション(下館第一高等学校附属中学校)
▲ポスターセッション(勝田高等学校)

 

ポスターセッション(土浦第一高等学校)
▲ポスターセッション(土浦第一高等学校)

 

金賞(清真学園高等学校)
▲金賞(清真学園高等学校)

 

総合グランプリ(日立第一高等学校)
▲総合グランプリ(日立第一高等学校)

 

令和3年3月23日掲載

 

 3月14日(日曜日)、県南生涯学習センターで、プレゼンテーション大会「IBARAKIドリーム★パスAWARD」を開催しました。

 

 企画を実践した16チーム(14校77名)が成果を発表しました。審査の結果、県立日立第一高等学校1年の木村菜々美(きむらななみ)さん、今野馨琳(こんのかれん)さんが総合グランプリに輝きました。

 

 プレゼンテーション大会では、多くの来場者を前に自分の熱い思いを乗せた7分間のプレゼンテーションのあと、質疑応答が行われました。審査員からは、「意識の高い企画に大変驚いた」「周囲を巻き込む力、行動力に感服した」などの意見とともに、今後の継続した活動への支援・協力を提案していただきました。

 

 総合グランプリに選ばれた2人は、鉱物を精製するときに出る「カラミ」という廃棄物を活用した煉瓦で、日立市を活性化するビジネスプランを企画し、実践するにあたっては、サポート役の大学生にアドバイスをいただくとともに、企業や大学、NPO等を巻き込みながら活動してきました。「カラミ」には硫黄が含まれていることが問題としてありますが、今後は、安全に除去することに取組みながら、ガラスとカラミを混ぜた「カラミ玉」を使用し、商品化も進めていきたいと考えています。

 

 今野さんは、「夢のようです。このような賞を取れるとは、思っていなかった。卒業するまでには、煉瓦が活用されているところを見たい」、木村さんは「企業や大人の人たちとつながることは、学校生活では経験できない貴重な経験だった」と受賞の喜びを語っていました。

 

 この大会を観覧し、総合グランプリを授与した大井川和彦知事からは「素晴らしい着眼点と行動力、意識の高いプロジェクトが多かった。社会で求められる力は、課題を発見し、人を巻き込みながら、どのように解決していくかである。これからも意欲や能力を活かし、茨城のため、日本のため、世界のために頑張ってほしい」と総評がありました。


 この事業は、今後も継続していきます。中高生たちは、是非、参加してください。

 

【大会の結果】

  • 総合グランプリ「日立市を『カラミ煉瓦の町』にするためのビジネスプラン
    日立第一高等学校1年 木村菜々美、今野馨琳
  • 金賞「IT化計画 Hub Educating Application(HEA)~ヘア~」
    清真学園高等学校2年 伊達陽東、菊地大翔、樋口浩輝、早川慎之介、網敷悟至、方波見慎太郎
  • 銀賞「140年続く伝統漁の危機を救え!!」
    土浦工業高等学校2年 大山流依、関大樹、幡谷翔大
  • 銀賞「片手デバイスの開発」
    並木中等教育学校5年 西村陽向、成瀬宏亮、髙𣘺伊織
  • 銅賞「レインボーマガジン」
    取手第二高等学校2年 坂本力也、笠原愛梨、冨田さくら
  • 銅賞「AIチャットボットの開発―テレワークに最適な形でAIを活用する― 」
    並木中等教育学校3年 寺澤勇飛
  • 審査員特別賞「高校生!コミュニティの壁をぶっ壊せ!!」
    大洗高等学校2年 櫻井武琉、中岡大、後藤うらら、寺門禅、竹内亜依華、メグミウィニモニンカ、寺門千伽
  • 審査員特別賞「収穫支援ロボット開発」
    つくば工科高等学校3年 富田昌紀、井上純、内山拓熙、髙木遼、廣瀬優斗
  • オーディエンス賞「ペットだって逃げたい!」
    土浦第一高等学校1年 増井司、松永彩花、宮本俊太朗、武藤明日加

 大会を終えた中高生たち

 ▲大会を終えた中高生たち


お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 生涯学習課[県庁舎22階]

電話 029-301-5318(振興担当)  FAX 029-301-5339

E-mail shogaku1@pref.ibaraki.lg.jp