茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース  > 県立竜ヶ崎第一・第二高校「『竜鉄』の歴史を探る」展示内容をリニューアル

フォトニュース

県立竜ヶ崎第一・第二高校「『竜鉄』の歴史を探る」展示内容をリニューアル

 

 

展示の入替作業(竜ヶ崎二高)
▲展示の入替作業(竜ヶ崎二高)

 

竜ヶ崎一高の展示内容
▲竜ヶ崎一高の展示内容

 

竜ヶ崎一高の生徒が解説を担当
▲竜ヶ崎一高の生徒が解説を担当

 

令和3年3月17日掲載

 

 3月1日(月曜日)、竜ヶ崎第一・第二高校の生徒により市内を走る『竜鉄』に焦点をあてた企画展「『竜鉄』の歴史を探る」の展示内容がリニューアルされました。

 

 今回の展示会は、関東鉄道竜ヶ崎線開業120周年の記念行事として関東鉄道から依頼されたものです。これまで竜ヶ崎二高が編集した冊子を抜粋したポスター展示を行っていましたが、竜ヶ崎一高が編集した冊子から、龍崎鉄道から鹿島参宮鉄道時代を経て関東鉄道にいたる変遷を画像と解説文にまとめた15枚を抜粋したものを展示します。

 

 展示に先立ち、2月28日(日曜日)に、展示内容を入れ替える作業を、竜ヶ崎二高有志生徒8名と関東鉄道・龍ケ崎市役所職員らとともに、関東鉄道竜ヶ崎駅待合室で行いました。そして、3月13日(土曜日)には竜ヶ崎一高生によるポスター解説を実施しました。

 

 解説を担当した竜ヶ崎一高の生徒は、「悪天候の中たくさんの方々が展示会に足を運んでくださったのを見て、多くの人が『竜鉄』の歴史に興味をもっているとわかり嬉しかった。また、自分達の研究の成果を形に表すだけでなく、竜ヶ崎二高との横のつながりを通じて展示会で『竜鉄』の来歴を発信することができ、とても貴重な体験だった」と感想を述べていました。

 

 展示の入れ替え作業、展示会の運営を行った竜ヶ崎二高の生徒からは、「龍ケ崎市内の出身だが、『竜鉄』をあまり利用しない。竜ヶ崎一高の生徒が調べた内容で歴史を詳しく知ることができた」「コロナ禍で地元の交通機関の利用が減少していると聞く。今回の展示会をきっかけとして『竜鉄』の利用が増えればうれしい」等の感想が聞かれました。

 

  竜ヶ崎二高のボランティアスタッフ

  ▲竜ヶ崎二高のボランティアスタッフ

内容に関するお問い合わせ
学校名 竜ヶ崎第二高校
連絡先 0297-62-3078

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 学校教育部 高校教育課[県庁舎22階]

電話 029-301-5260(指導担当)  FAX 029-301-5269

E-mail kokyo@pref.ibaraki.lg.jp