茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース  > 第14回春季全日本小学生男子ソフトボール大会に出場する久米ソフトボールスポーツ少年団の選手が知事と議長を訪問

フォトニュース

第14回春季全日本小学生男子ソフトボール大会に出場する久米ソフトボールスポーツ少年団の選手が知事と議長を訪問

 

 

知事訪問の様子
▲知事訪問の様子

 

県議会議長訪問の様子
▲県議会議長訪問の様子

 

県議会議長との記念写真
▲県議会議長との記念写真

 

令和3年3月8日掲載

 

 3月3日(水曜日)、山口県で3月27日(土曜日)から開催される第14回春季全日本小学生男子ソフトボール大会に出場する久米ソフトボールスポーツ少年団の選手並びに関係者が、大井川知事、常井県議会議長を訪問しました。

 

 はじめに、圷浩一(あくつこういち)監督が、「昨年度の全国大会は、新型コロナウイルス感染症の影響で中止となり、出場権を得ながらも大会に出場することができませんでした。悔しい思いをした6年生は、夢を託した後輩たちのサポートを一生懸命行い、その思いに応えた5年生が県大会優勝、全国大会出場を手にしました。全国大会では、6年生の分まで選手たちには頑張ってもらい、私たちスタッフも新型コロナウイルス感染症対策を十分に行うなど、選手をサポートしていきたいと思います」と話されました。

 

 主将の鴨志田亮太(かもしだりょうた)選手(久米小5年)は、「僕たちをサポートしてくれた6年生や応援してくれる皆さんの期待に応えられるよう、チーム一丸となって1試合でも多く勝ちたいです」と全国大会への抱負を堂々と述べました。また、選手一人一人が「チームで一生懸命練習してきたことを全国大会で発揮して勝ちたいです」「チーム一丸となって、まずは1勝をあげたいです」など、力強く抱負を述べました。

 

 大井川知事は、「全国大会出場は本当にすばらしいことです。後輩が全国大会に出場できて6年生もうれしかったことでしょう。選手の皆さんには、ぜひリラックスして大会を楽しむとともに、茨城県の代表として頑張ってください」と激励しました。

 

 その後、面会した常井県議会議長は、「選手の皆さんには、はつらつとしたプレーで大いに活躍していただき、茨城県の代表として頑張ってほしい。そして、優勝できることを期待しています」と励ましました。

 

  知事との記念写真

  ▲知事との記念写真

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 

茨城県教育庁 学校教育部 保健体育課[県庁舎23階]

電話 029-301-5361(競技スポーツ担当)  FAX 029-301-5369

E-mail hotai4@pref.ibaraki.lg.jp