茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース  > 県立協和特別支援学校「狂言鑑賞」

フォトニュース

県立協和特別支援学校「狂言鑑賞」

 

 

狂言 演目「附子」
▲狂言 演目「附子」

 

教室の様子を映しだす体育館のスクリーン
▲教室の様子を映しだす体育館のスクリーン

 

教室でオンライン鑑賞
▲教室でオンライン鑑賞

 

演者と一緒に狂言
▲演者と一緒に狂言

 

令和3年2月8日掲載

 

 1月22日(金曜日)、協和特別支援学校で「狂言」を鑑賞しました。この鑑賞会は、文化庁の「文化芸術による子供育成総合事業(巡回公演事業)」で、より多くの児童・生徒に対して文化芸術を鑑賞・体験する機会を提供するという取り組みの1つです。

 

 この日は、公益社団法人能楽協会から5人の方が来校して2公演行い、高等部3年生・中等部3年生がそれぞれ体育館で、その他の児童・生徒はオンラインで教室から鑑賞しました。教室の様子は、体育館の演者にも見えるようにスクリーンで映し出しました。

 

 演目「附子」を鑑賞した後は、児童・生徒も指導を受けながら一緒に泣き真似や掛け軸を破く音、ふすまを開ける音等の真似をしたり、クイズに答えたりしました。教室から鑑賞した児童・生徒も、熱心に興味深く見入っていました。

 

 児童・生徒は、「狂言は難しいと思っていたが、『ガラリンチン』『ザラリザラリ』の表現が面白かった」「泣き真似が面白かった」「衣装がかっこよかった」などの感想を述べてくれました。

 

 

  高等部代表のお礼の言葉

  ▲高等部代表のお礼の言葉


内容に関するお問い合わせ
学校名 協和特別支援学校
連絡先 0296-57-4341

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 特別支援教育課[県庁舎22階]

電話 029-301-5280(指導担当)  FAX 029-301-5289

E-mail tokukyo2@pref.ibaraki.lg.jp