茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース  > 県立大洗高校「新銘柄豚『常陸の輝き』を使った調理実習」

フォトニュース

県立大洗高校「新銘柄豚『常陸の輝き』を使った調理実習」

 

 

提供いただいた常陸の郷牛乳と新銘柄豚「常陸の輝き」
▲提供いただいた常陸の郷牛乳と新銘柄豚「常陸の輝き」

 

中川先生から示範の合間に説明をいただく
▲中川先生から示範の合間に説明をいただく

 

中川先生の示範を傾聴する生徒
▲中川先生の示範を傾聴する生徒

 

中川先生から直接指導を受ける生徒
▲中川先生から直接指導を受ける生徒

 

令和3年1月5日掲載

 

 12月15日(火曜日)から17日(木曜日)までの3日間、大洗高校で、3学年の家庭総合の調理実習において、牛乳と新銘柄豚「常陸の輝き」を使った調理実習を実施しました。この食材は、茨城県牛乳普及協会並びに常陸の輝き推進協議会から提供していただきました。

 

 12月15日の調理実習では、中川学園料理教室代表の中川一恵先生のご指導をいただきました。生徒は調理実習に先立ち、中川先生の示範や説明を真剣に聴き取っていました。先生から「カルシウムはね。毎日出入りするから毎日摂らなければならないの。牛乳は吸収がいいからコップ2杯、1杯でもいいから毎日飲みたいですね」「豚肉は鶏肉や牛肉に比べてビタミンAが多く含まれています。疲労回復に効果的です」など、生徒へ要点を分かり易い言葉で説明いただけたことで、食と健康への理解が深まりました。

 

 また、常陸の輝きは、とても美味しい豚肉で香りが良く、ロースの赤肉の部分も柔らかく、どんな料理でも食感が柔らかく美味しく食べることのできる食材でした。

 

 参加した生徒からは「常陸の輝きは、とても柔らかく素材の味がよくわかり、とても美味しかったです」「牛乳と豚肉が苦手でおいしく食べられるか少し不安でしたが、今回のメニューはすごく美味しくいただくことができました。『常陸の輝き』は、柔らかくいつも食べているお肉と食感が全く違っていてとても食べやすかったです」「牛乳を使うと味がまろやかになってコクがありました。元気な身体を保つために、牛乳を欠かさず飲みたいと思います」などの感想を聞くことができました。

内容に関するお問い合わせ
学校名 大洗高校
連絡先 029-267-6666

 

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 学校教育部 高校教育課[県庁舎22階]

電話 029-301-5260(指導担当)  FAX 029-301-5269

E-mail kokyo@pref.ibaraki.lg.jp