茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース  > 県立大洗高校「第2回原子力フォーラム茨城」へ参加

フォトニュース

県立大洗高校「第2回原子力フォーラム茨城」へ参加

 

 

国会議員と地域代表者との意見交換会の様子
▲国会議員と地域代表者との意見交換会の様子

 

國井豊大洗町長、石川昭政衆議院議員と参加生徒
▲國井豊大洗町長、石川昭政衆議院議員と参加生徒

 

令和2年12月17日掲載

 

 12月5日(土曜日)、 大洗高校2年生3名と教員2名が、探究活動の一環として大洗町文化センターで開催された「第2回原子力フォーラム茨城」へ参加しました。

 

 大洗高校の生徒2名の「改めて考える環境」「原子力と町」と題した意見が地域住民からの寄稿に採用されました。


 フォーラムは、第1部地域からの提案では、主催者等からの提案がなされ、第2部活動報告と対話討論では、茨城県選出の国会議員4名からの活動報告や対話討論、会場からの意見交換など、国会議員と地域代表者の意見交換が行われました。

 

 参加した生徒からは「現状を考えると原子力の誘致は必要だが、ラムサール条約登録地の涸沼など環境にできる限り配慮して欲しい」「原子力はもうすでに生活に欠かせないものとなっているが、住民や環境に寄り添った運用をお願いしたい」などの感想を聞くことができました。

 

 世界を取り巻く環境が大きく変化する中、我が国でも脱炭素社会の実現を目指し、2050年に温室効果ガスの排出を実質ゼロにする目標を掲げ動き出しました。エネルギー政策において、原子力の有効利用について考えることは避けては通れない課題であり、そのために必要となる知識や人材育成についての理解を深めることができました。参加した生徒や先生方にとって探究活動の実践に向け、大変有意義な時間を過ごすことができました。

内容に関するお問い合わせ
学校名 大洗高校
連絡先 029-267-6666

 

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 学校教育部 高校教育課[県庁舎22階]

電話 029-301-5260(指導担当)  FAX 029-301-5269

E-mail kokyo@pref.ibaraki.lg.jp