茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース  > 県立茎崎高校「社会生活に向けた特別授業」

フォトニュース

県立茎崎高校「社会生活に向けた特別授業」

 

 

職業人としての法律講座「働くときの基礎知識」
▲職業人としての法律講座「働くときの基礎知識」

 

コミュニケーションスキルアップ講座「言葉の受け止め方」
▲コミュニケーションスキルアップ講座「言葉の受け止め方」

 

社会生活のためのスキルアップ講演会「生活設計とリスクへの備え」
▲社会生活のためのスキルアップ講演会「生活設計とリスクへの備え」

 

令和2年12月15日掲載

 

 12月4日(金曜日)・10日(木曜日)・11日(金曜日)、茎崎高校で、3年次生を対象に、社会生活に向けた特別授業を実施しました。

 

 4日は、社会保険労務士の飯島茂さんを講師としてお招きし、職業人としての法律講座「働くときの基礎知識」と題してお話していただきました。今回の講演会は、茨城県社会保険労務士会の協力のもとに、就業するにあたっての法的基礎知識や課題に直面した時の解決方法等を学ぶことにより、社会に出たときの不安を軽減できるよう開催したものです。飯島さんからは、雇用契約書や通勤時の事故などの具体的な事例について説明がありました。


 10日は、茎崎高校スクールカウンセラーの寺川亜弥子先生を講師とし、社会に出て新しい人間関係を構築するときの方法を学ぶコミュニケーションスキルアップ講座「言葉の受け止め方」を実施しました。寺川先生からは、他人の言葉をとらえる時に、発想を転換して受け止める方法などを学びました。

 

 11日は、公益財団法人生命保険文化センターの中川政毅さんをお招きし、生活設計や生活の中のリスクを学ぶことで、将来の自分の生活について考える社会生活のためのスキルアップ講演会「生活設計とリスクへの備え」を実施しました。中川さんからは、来るライフイベントや生活上のリスクについて、公正・中立な立場から説明があり、生命保険の活用方法や生活設計の考え方を学びました。

 

 生徒からは、「働くときの基礎知識」を受講して「(困ったときは)一人で考え込まないで、周りを頼ってほしいと言われて安心した」「就職・転職の際に役立つし、会社により異なることがわかった」との声がありました。また、「言葉の受け止め方」を受講して「自分だけでなく、他の人のとらえ方などを考えることで、視野を広げることができた」、「生活設計とリスクへの備え」を受講して「お金のリアルの側面から目をそらしてはいけないという話を聞いて、今の内から親とも話し合い、行動したいと思った」「将来、自立した時に参考になる話だった」との感想が寄せられました。

内容に関するお問い合わせ
学校名 茎崎高校
連絡先 029-876-3778

 

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 学校教育部 高校教育課[県庁舎22階]

電話 029-301-5260(指導担当)  FAX 029-301-5269

E-mail kokyo@pref.ibaraki.lg.jp