茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース  > 令和2年度開校県立附属中学校5校が「探究テーマ意見交換会」を実施

フォトニュース

令和2年度開校県立附属中学校5校が「探究テーマ意見交換会」を実施

 

 

探究活動の発表(竜ヶ崎一附属中)
▲探究活動の発表(竜ヶ崎一附属中)

 

グループ内の話合い(太田一附属中)
▲グループ内の話合い(太田一附属中)

 

5校での意見交換でテキストマイニングを活用(下館一附属中)
▲5校での意見交換でテキストマイニングを活用(下館一附属中)

 

令和2年11月30日掲載

 

 11月17日(火曜日)、今春開校した5校の県立附属中学校の生徒が、遠隔教育システムを利用して「探究テーマ意見交換会」を実施しました。

 

 生徒たちは、現在各校で進めている探究活動のテーマや取組について発表し、その後5校で意見交換を行いました。

 

 鉾田一附属中の生徒は、「身近な地域の課題を探ろう~行方市の魅力再発見~」とテーマを設定し、地域課題の解決策について発表しました。また、鹿島附属中の生徒は、夏休みに実施した地域の魅力を発見するフィールドワークや、鹿島アントラーズと連携した活動などについて発表を行いました。

 

 その後行われたグループ内の話合いや5校での意見交換では、「仮説や見通しを立てることの重要性を深く認識できた」「図やグラフを活用した分析や、インタビューやアンケートを自分のグループにも取り入れたい」など、多くの積極的な感想や意見が寄せられました。

 

 遠隔で参加した教育長からは、「新しいことにどんどんチャレンジして、どんどん間違えて、改善しながらまた新しい取組をする、トライ&エラーが大切です」とメッセージをいただきました。

 

 令和2年度開校の県立附属中学校5校では、今後も「探究プロジェクト」に協働して取り組み、交流を深めていく予定です。

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6

茨城県教育庁 学校教育部 高校教育改革・中高一貫校開設チーム[県庁舎21階]

電話 029-301-5208(中高一貫教育グループ)  FAX 029-301-5209

E-mail kokyo1@pref.ibaraki.lg.jp