茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース  > 県立岩瀬高校「第19回宮城県復興ボランティア」

フォトニュース

県立岩瀬高校「第19回宮城県復興ボランティア」

 

 

旧大川小学校で遺族の方から話を聞く
▲旧大川小学校で遺族の方から話を聞く

 

ラベンダーへの施肥
▲ラベンダーへの施肥

 

石拾いと雑草取り
▲石拾いと雑草取り

 

オリーブへの施肥
▲オリーブへの施肥

 

令和2年11月26日掲載

 

 11月13日(金曜日)、岩瀬高校が「第19回宮城県復興ボランティア」を実施しました。

 

 岩瀬高校では、東日本大震災が発生した2011年から、継続して被災地の宮城県で復興のためボランティア活動を行っています。19回目となる今回はバス2台に分乗するなど感染防止対策を徹底し、39名の生徒が宮城県石巻市の旧大川小学校と雄勝ローズガーデンを訪れました。

 

 旧大川小では、遺族の方から震災当日のお話を直接伺い、私たちの想像をはるかに超える被害の状況を知り言葉を失いました。また、亡くなられた娘さんをご自身で発見された体験を涙ぐまれながらも伝えてくださり、その残酷さと無念さを強く感じ、震災に遭われた方々への支援の大切さや私たちの担う使命を新たにしました。

 

 雄勝ローズガーデンは、巨大津波で壊滅した雄勝を「花と緑の力」で復興するために被災した住民が立ち上げた復興プロジェクト「雄勝花物語」の活動拠点となっています。生徒たちは2グループに別れ、オリーブとラベンダーへの施肥とガーデンの整備などの活動をしました。

 

 参加した生徒からは、「大きな被害を受けた石巻市でボランティアをさせていただき、少しでも復興のお手伝いができたかと思うと嬉しい」「防災について改めて強く意識しなければならないと思った」「今日学ばせていただいたことを周りの人に伝えていきたい」「命の大切さを感じた。たくさんの人が生きることのできなかった明日を一生懸命生きていきたい」等の感想がありました。

 

 岩瀬高校はこれからも被災地に心を寄せていきたいと思います。


内容に関するお問い合わせ
学校名 岩瀬高校
連絡先 0296-75-2475

 

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 学校教育部 高校教育課[県庁舎22階]

電話 029-301-5260(指導担当)  FAX 029-301-5269

E-mail kokyo@pref.ibaraki.lg.jp