茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース  > 県立竹園高校「NHK総合『不可避研究中』の番組収録」

フォトニュース

県立竹園高校「NHK総合『不可避研究中』の番組収録」

 

 

マウスガードをつけている土佐兄弟
▲マウスガードをつけている土佐兄弟

 

選挙のイメージを語る生徒
▲選挙のイメージを語る生徒

 

良い選挙・悪い選挙についてみんなの意見をまとめる拓也さん
▲良い選挙・悪い選挙についてみんなの意見をまとめる拓也さん

 

令和2年11月20日掲載

 

 11月4日(水曜日)、竹園高校で、NHK総合「不可避研究中」の番組収録を行いました。

 

 NHK総合「不可避研究中」の番組コンセプトは、ややこしくてとっつきにくいけれど、避けて通れない「不可避」な社会のテーマを、テレビを見ないスマホ世代の若者たちに届ける“スマホ発”の実験報道プロジェクトです。

 

 今回は、日本の投票率は50%前後、特に10~30代の若者層では30%前後という実態を受けて、そんな若者たちの心を揺さぶる授業をするために、高校あるある動画で人気の芸人・土佐兄弟が来校しました。お兄さんの卓也さんが先生役に、弟さんの勇輝さんが生徒役になってホームルーム活動をし、「行きたくなる理想の選挙・投票」について竹園高校2年有志20名と一緒に楽しく語り合い、面白いアイディアがたくさん提案されました。

 

 この番組を担当したNHK水戸放送局の横山紗也香ディレクターは、竹園高校の平成23年度卒業生です。

 

 参加した男子生徒は、「大変貴重な経験であり、普段同級生とは話し合うことのない『選挙』について話せたことは有意義な時間だった」と感想を述べてくれました。

 

 番組は、11月27日(金曜日)23時45分から24時15分 「#選挙行こう!って圧がツライ?」土佐兄弟×竹園高校生 「#こんな選挙だったら行きたい」で放送予定です。

 

  投票に行きたくなる方策をパネルに回答

  ▲投票に行きたくなる方策をパネルに回答

内容に関するお問い合わせ
学校名 竹園高校
連絡先 029-851-7515

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 学校教育部 高校教育課[県庁舎22階]

電話 029-301-5260(指導担当)  FAX 029-301-5269

E-mail kokyo@pref.ibaraki.lg.jp