茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース  > 県立竜ヶ崎第二高校「気象予報士による防災講演会・龍ケ崎市役所との防災懇談会」

フォトニュース

県立竜ヶ崎第二高校「気象予報士による防災講演会・龍ケ崎市役所との防災懇談会」

 

 

全体講演の様子
▲全体講演の様子

 

懇談会では生徒が市の担当者に質問
▲懇談会では生徒が市の担当者に質問

 

生徒が質問をしている様子
▲生徒が質問をしている様子

 

懇談会参加者全員で記念撮影
▲懇談会参加者全員で記念撮影

 

令和2年11月20日掲載

 

 11月6日(金曜日)、竜ヶ崎第二高校で、気象予報士で龍ケ崎ふるさと大使でもある菊池真以氏をお招きして防災に関する講演会を実施しました。

 

 講演では、「気象災害から身を守るための天気予報活用法」をテーマに、「夕方とは何時のこと?」「雨が降らない晴れのことを何と言う?」などの天気予報クイズから始まり、生徒たちが答えを一生懸命考えていました。

 次に、注意報や警報、特別警報の意味や気象災害から身を守るための心構えについて学びました。さらに、天気予報の活用法や天気予報ができるまでについて、詳しい説明がありました。

 

 講演後、菊池さんと龍ケ崎市役所危機管理課の職員から2名をお招きして、生徒10名を交えて防災に関する懇談会を行いました。「龍ケ崎市の気象災害から学ぶこと」をテーマに、市内の災害の歴史・災害の予見・避難所として学校の果たす機能・災害ボランティアについて議論を深めました。

 

 質疑応答では、避難所や災害ボランティア等、生徒が事前に考えてきた防災に関する質問に菊池氏、龍ケ崎市役所から参加した方々にお答えいただきました。

 

 生徒は、「日本がこんなにも災害についての対策を考えているとは思わなかった。正しい知識・情報を知ることができてよかった」「自分の住んでいる場所が浸水地域だということを初めて知った。以前から災害ボランティアに興味があり、機会があれば参加したいと思う」「災害は高台にも及ぶことを考えたことがなかった。どのような場所に住んでも対応を考える必要があることが分かった」などの感想を述べていました。

内容に関するお問い合わせ
学校名 竜ヶ崎第二高校
連絡先 0297-62-3078

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 学校教育部 高校教育課[県庁舎22階]

電話 029-301-5260(指導担当)  FAX 029-301-5269

E-mail kokyo@pref.ibaraki.lg.jp