茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース  > 県立小瀬高校「ふれあいキャンパス」

フォトニュース

県立小瀬高校「ふれあいキャンパス」

 

 

講座風景「百人一首」(国語科)
▲講座風景「百人一首」(国語科)

 

講座風景「コースター作り」(家庭科)
▲講座風景「コースター作り」(家庭科)

 

講座風景「英語でKYUDO」(英語科)
▲講座風景「英語でKYUDO」(英語科)

 

講座風景「豚の臓器の解剖」(理科)
▲講座風景「豚の臓器の解剖」(理科)

 

令和2年11月17日掲載

 

 11月12日(木曜日)、連携型中高一貫教育校である小瀬高校と常陸大宮市立明峰中学校が、「ふれあいキャンパス」を実施し、中高生が一緒に学び、交流を深めました。

 

 「ふれあいキャンパス」は令和2年で9回目を迎え、異学校・異年齢集団による交流を活発化し、心豊かでたくましい生徒の育成を図ることを目的として行っています。

 

 小瀬高と明峰中の教員が協力して12の講座を設け、生徒たちは普段の授業とは違う雰囲気の中で、交流しながら楽しく学び、学ぶことの楽しさを実感する機会となりました。

 

 参加した中学生からは「普段の授業とは雰囲気が違い、年齢の違う先輩後輩と協力しながら進められていい経験になった」「高校生はヒントの与え方がうまく、自分も高校生になったらそうなりたいと思った」等の感想が寄せられました。

 

 また、高校生は「わかりやすく丁寧に説明することの必要性を感じた。とても充実した時間が過ごせた」「地域に支えられ、地域と触れ合う中で、将来は地域に貢献したい気持ちになった」と語っており、他者理解と受容、寛容性、地域貢献等を培うことができました。

 

 生徒達は、コミュニケーションを取り、一緒に考えたり、作業するなど様々な体験を協力しながら、各講座で小瀬高生と明峰中生の絆を育むことができました。

 

 小瀬高校は、今後も交流事業の充実を図り、「ここだからできる教育がある。ここでしかできない教育がある」という学校のスローガンを実現すべく、今後も地域と共に進んでまいります。

 

内容に関するお問い合わせ
学校名 小瀬高校
連絡先 0295-56-2204

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 学校教育部 高校教育課[県庁舎22階]

電話 029-301-5260(指導担当)  FAX 029-301-5269

E-mail kokyo@pref.ibaraki.lg.jp