茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース   > 県立つくば工科高校「いばらき高等学校学力向上推進総合事業に係るカテゴリー別グループ研修会」

フォトニュース

県立つくば工科高校「いばらき高等学校学力向上推進総合事業に係るカテゴリー別グループ研修会」

 

 

習課題の確認と共有
▲講習課題の確認と共有

 

センターモニターのスライドをもとにしたグループ協議
▲センターモニターのスライドをもとにしたグループ協議

 

Google Formsを利用しての確認テスト

▲Google Formsを利用しての確認テスト

 

研究協議の様子

▲研究協議の様子

 

令和2年10月16日掲載

 

 10月12日(月曜日)、つくば工科高校で、「いばらき高等学校学力向上推進総合事業に係るカテゴリー別グループ研修会」を実施しました。この事業は、新学習指導要領の実施に備え、すべての県立高等学校において「主体的・対話的で深い学び」の視点からの授業改善を推進し、生徒の思考力・判断力・表現力等の育成を図ることを目的とするものです。

 

 令和2年度の研修会は、ICTを活用した授業の研究及び実践を深めるというテーマで行われ、先生16名と指導主事等3名が参加して、電気電子科2年生の工業科目「電気基礎」の公開授業と研究協議が行われました。

 

 授業は、休校期間中の動画配信による学習をさらに発展させ、事前に配信した動画を視聴し、予習課題をメールで配信・提出、授業中はパワーポイントのスライドを用いて目に見えない電気の流れについて具体的なイメージを持たせるなどのICTを活用した工夫を随所に織り込んだものでした。途中、スライドをもとに生徒によるグループワークを行い、授業の最後には、それぞれのパソコンでGoogle Formsによる確認テストを行いました。結果はすぐに生徒それぞれにフィードバックされ、全体的な傾向や特徴も共有されました。

 

 研究協議では、参加した先生方から、「ICTを活用した授業改善を進めるよいヒントになった」「新型コロナ感染症による休校がきっかけとなったICT活用だが、この流れは今後も継続させなければならない」「Google Formsを使った結果共有の即時性は今後の授業に生かせる」などの声が聞かれました。また、3名の指導主事等からは、より探究的な授業を進めるための提言や、今後一人一台コンピュータがある環境下での学びについてのお話をいただきました。

 

 この研修会は、公開授業を本校の多くの教員も見学するなど、幹事校を務めた本校にとっても大きな学びの場となりました。

 

内容に関するお問い合わせ
学校名 県立つくば工科高校
連絡先 029-836-1441

 

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 学校教育部 高校教育課[県庁舎22階]

電話 029-301-5260(指導担当)  FAX 029-301-5269

E-mail kokyo@pref.ibaraki.lg.jp